[本日の想定レンジ]
 週明け2日は米NYダウが268.37ドル安の27783.04、ナスダック総合指数が97.48pt安の8567.99、シカゴ日経225先物が大阪日中比345円安の23215円。本日の日経平均は大幅な下落が予想される。昨日の上昇分(235.59円)を超えて下落し、25日移動平均線
(昨日終値ベースで23228.11円)や11月22日高値と25日安値で形成するマドの下端に相当する23219.51円付近が下値めどとして意識されよう。ただ、25日線や75日線が上向いているほか、日足の一目均衡表でも三役好転後の買い手優位の形状が続いている。そのため、11月21日ザラ場安値から26日ザラ場高値までの上げ幅の半値押しの23167.38円処をキープできれば上昇トレンド中のスピード調整の範囲内の下落となり、明日以降の株価は短期的に回復に向かう可能性が高いと予想される。

[予想レンジ]
上限23400円−下限23150円 <YN>

情報提供元:FISCO
記事名:「大幅安、下値は25日線を意識