[本日の想定レンジ]

13日は米NYダウが147.07ドル高の26145.99、ナスダック総合指数が59.48pt高の8013.71、シカゴ日経225先物が大阪比170円高の22800円。13日の日経平均は反発し、25日線が上向きに転じたほか、75日線も上昇し、強気トレンド復帰を示唆した。このため、本日は買い優勢の地合いが予想され、再び23000円に接近する場面もありそうだ。一目均衡表では昨日、雲上にある日々線が一段と上昇したほか、遅行線が株価を上回って強気シグナルの発生を開始し、こちらも強気の形状を示している。ボリンジャーバンドでは昨日、日々線が+1σを上回った。7日の-1σ割れからの上昇基調が続いており、本日は+2σを試す流れが予想される。

[予想レンジ]
上限22950円−下限22800円 <SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「23000円に再接近か