大幅上昇。下降する75日線が上値抵抗として意識される中での調整が続いていたが、大幅上昇で一気に75日線を上放れる局面もみられている。一目均衡表では雲下限を突破し、雲上限に接近する局面も。遅行スパンは実線を一時上放れる局面もみられており、大引け段階で上方シグナルを発生させることが出来るかが注目される。
<FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「ビープラッツ---一気に75日線を上放れる局面も