買い優勢。日足の一目均衡表では、雲上限の突破を試す展開へ。また、足元でMACDはシグナルとのクロス示現が接近している他、DMIでも+DIと-DIの乖離が縮小してきている。週間形状では、18年1月につけた3300円からしばらく調整が続いてきたものの、ようやく下げ止まりが意識されてきているようだ。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「第一精工---買い優勢、雲上限の突破を試す展開へ