10月4日高値2094円をピークに調整が続いており、前日のマドを空けての下落で75日線を下回ってきている。ただし、7月の急伸後は75日線レベルを支持線とした高値圏でのもち合いが続いており、押し目拾いのスタンスとなろう。一目均衡表では雲上限を割り込んだが、雲下限を支持線としたリバウンドも意識されてくる。 <FA>

情報提供元:FISCO
記事名:「スター精密---押し目拾いのスタンス