前日比変わらず。昨日は下ひげを作って今年最安値の1290円まで下げた後、小幅高で終了。25日線との乖離率は-24%に拡大しており、短期的なリバウンドも期待される水準となっている。信用取組倍率は0.5倍台と低水準にあることから、売り方の目標達成による買い戻しを原動力に自律反発の展開も予想されよう。
<SK>

情報提供元:FISCO
記事名:「海洋掘削---25日線とのマイナス乖離拡大で目先自律反発も