日経平均は反発。16日の米国市場ではNYダウが3日続伸し、214ドル高となった。経済指標や小売り大手ウォルマートなどの決算の予想上振れが好感された。また、時間外取引でエヌビディアやアプライド・マテリアルズといった半導体関連株が決算を受けて上昇。本日の日経平均もこうした流れを引き継いで183円高からスタートすると、前引けにかけて21398.85円(前日比335.87円高)まで上昇する場面があった。ただ、中国・上海総合指数が下げ幅を広げるとともに、後場の日経平均は伸び悩む展開となった。

大引けの日経平均は前日比187.11円高の21250.09円となった。東証1部の売買高は13億4952万株、売買代金は2兆4294億円だった。業種別では、石油・石炭製品、その他製品、情報・通信業が上昇率上位で、その他も全般堅調。一方、水産・農林業、空運業、電気・ガス業の3業種が下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の80%、対して値下がり銘柄は18%となった。

個別では、ソニー<6758>が売買代金トップで10%近く上昇。自社株買いの実施や米マイクロソフトとのクラウド型ゲームでの提携を発表している。ソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>、キヤノン<7751>は2%超上昇したが、任天堂はエヌビディアのゲーム向け売上の増加が買い材料視されたようだ。その他売買代金上位ではファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>などが堅調で、東エレク<8035>は買いが先行したものの伸び悩んだ。また、キャリアインデ<6538>がストップ高を付け東証1部上昇率トップとなった。一方、前日に続き電子部品株が軟調で、村田製<6981>は続落し、TDK<6762>や太陽誘電<6976>は売りがかさんだ。その他売買代金上位ではZOZO<3092>が7%超下落し、武田薬<4502>は小幅に下落。また、すてきN<8089>が連日のストップ安で東証1部下落率トップとなった。
<HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は反発、米株高引き継ぎ一時300円超高