日経平均は3日続伸。19日の米国市場ではハイテクセクターに買いが広がり、NYダウは144ドル高となった。また、ダドリーNY連銀総裁の発言を受けて年内の追加利上げ観測が高まり、米金利の上昇とともに円相場は1ドル=111円台後半まで下落。本日の日経平均は米株高や円安を好感して166円高からスタートすると、朝方には上げ幅を200円超に広げ、6月2日に付けていた取引時間中の年初来高値を更新した。前場に一時20318.11円(前日比250.36円高)まで上昇し、その後も高値圏で堅調に推移した。

大引けの日経平均は前日比162.66円高の20230.41円となった。東証1部の売買高は18億3654万株、売買代金は2兆5192億円だった。業種別では、ゴム製品、非鉄金属、化学が上昇率上位だった。一方、電気・ガス業、不動産業、石油・石炭製品など5業種が下落した。

個別では、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、トヨタ自
<7203>、三井住友<8316>などがしっかり。ルネサス<6723>は売り先行後に切り返し、小幅高で本日の取引を終えた。一部証券会社の目標株価引き上げが観測されたスズキ<7269>は4%超上昇し、村田製<6981>など電子部品関連の上げも目立った。前期業績の修正を発表したアスクル<2678>は急反発。また、田淵電<6624>、オルトプラス<3672>、デクセリアルズ<4980>などが東証1部上昇率上位となった。一方、ソニー<6758>、東芝<6502>、キヤノン<7751>、花王<4452>などが小安い。ゲーム株のKLab<3656>は反落。また、タカタ<7312>が連日のストップ安比例配分となったほか、ヤーマン<6630>やトーセ<4728>も東証1部下落率上位に顔を出した。
<HK>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は3日続伸、米株高・円安を追い風に年初来高値更新