日経平均は反発。159.32円高の18589.81円(出来高概算8億8000万株)で前場の取引を終えている。20日の米国市場ではNYダウが174ドル高となり、ナスダック指数は最高値を更新した。主要企業の決算が好感されたほか、政策期待の高まりから終日堅調な展開となった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比100円高の18570円となり、これにサヤ寄せする格好から幅広い銘柄に買いが先行した。その後18600円を回復する場面もみられたが、狭いレンジでのこう着となり、日中値幅は60円弱にとどまっている。

 東証1部の騰落銘柄は値上り数が1500を超えており、全体の7割を占めている。セクターではガラス土石、海運、ゴム製品、証券、鉄鋼、輸送用機器、保険が堅調。一方で、サービスのみが小幅に下落している。売買代金上位では、任天堂<7974>、ソフトバンクG<9984>、メガバンク3行、トヨタ自<7203>、コマツ<6301>、SUBARU<7270>、ファナック<6954>が堅調。半面、ソレイジア<4597>、富士フイルム<4901>、東芝<6502>、ファーストリテ<9983>が冴えない。

 日経平均は緩やかながらリバウンドをみせてきている。ただし、仏大統領選第1回投票への警戒から、積極的なポジションは取りづらいところであろう。そのため、底堅さが意識されるものの、狭いレンジ内でのこう着感の強い相場展開が続きそうである。まずは欧州のイベント通過待ちとなるが、決算への期待感も膨らんできており、インデックス等の影響を受け難い中小型株の好業績銘柄への物色がみられてくる可能性はありそう。

 インデックスに絡んだ商いについては、低迷していた金融や輸出関連へのリバランスがみられるが、業績期待のところでは、米国の流れもあり、半導体関連などの関心も高まろう。
(村瀬智一)
<AK>

情報提供元:FISCO
記事名:「日経平均は反発、底堅さ意識も次第に欧州のイベント待ちに