ソーシャルメディアマーケティング事業を展開する株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙村彰典)は、2019年12月3日(火)よりインフルエンサーマーケティングにおいて、広告主やブランドごとに施策前後のデータ分析結果や、インフルエンサーとブランド単位での独自スコアなどから最適な指標を抽出し、インフルエンサーの選定に活用する最適化システム「IMO(influencer marketing optimization)」サービスを正式リリースいたします。


◆背景・「IMO」サービス概要
企業のマーケティング活動においてSNSの活用が注目される近年、インフルエンサーマーケティングへの関心は高まっています。また市場規模は2023年には500億円を突破し、さらに2028年には933億円と市場はますます拡大することが予測されています。(※デジタルインファクト調べ)
※参考:https://digitalinfact.com/release190328/

インフルエンサーマーケティング最適化システム「IMO」サービスは、2019年10月よりβ版として開始しておりましたが、本日12月3日(火)より正式リリースとなりました。主に当社独自インフルエンサーネットワーク「NINARY」会員の、日々の投稿情報やフォロワー属性などのインサイト情報、プロモーション施策実施前後の結果分析データや独自の計算に基づいたインフルエンサーのスコアなどから、広告主またはブランドごとに最適な指標を抽出し、インフルエンサーを選定いたします。さらに起用したインフルエンサーに対し、ブランドや商品に対する好意度の変化などを長期的に観測し、親和性の高いインフルエンサーのデータベースを蓄積していきます。
インフルエンサー人口の増加やジャンルの多様化、また新たなプラットフォームの登場などを見据え、長期的な目線で広告主やブランドに最適なインフルエンサーを選定し、広告効果を高めるマーケティング施策の実施に尽力してまいります。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206389&id=bodyimage1


◆サイバー・バズ
2006年に創業。現在「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変える。」というミッションのもと、インフルエンサーを主軸としたソーシャルメディアマーケティング事業を展開しています。インフルエンサーネットワークを活用したプロモーション支援や、SNSアカウント運用代行、インフルエンサーコマースメディア「to buy」の運営を行っています。
・事業内容:ソーシャルメディアマーケティング事業
・所在地:東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォスタワー7F
・東証マザーズ 証券コード:7069
・URL:https://www.cyberbuzz.co.jp/

記載されている商品またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。


◆リリースに関するお問い合わせ
株式会社サイバー・バズ IR担当
Tel:03-6758-4738 / E-mail:ir@cyberbuzz.co.jp



配信元企業:株式会社サイバー・バズ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「インフルエンサーマーケティング最適化システム「IMO」サービスを正式リリース