発達障がい児等の療育支援を目的に株式会社Ecold(所在地:大阪府箕面市、代表取締役北村耕太郎)が大阪府東大阪市で運営する「エコルド東大阪長田教室」(大阪府東大阪市、管理者前田恭佑)が主催し、2019年11月23日に株式会社庫内運営の「紙to和」で発達障がい児の親子向けに伝統的な和紙の「紙すき」体験イベントを開催しました。

教室のある東大阪長田には紙・文具流通業の集積地があり、今回はその中にある「紙to和」の協力のもと、児童発達支援・放課後等デイサービス「エコルド東大阪長田教室」に通所する親子27名(保護者15名、児童12名)がイベントに参加しました。

【イベントの様子】
利用者全員、初めての紙すき体験でしたが各グループに分かれ、「紙to和」の先生から説明を聞き、参加者みなさんが楽しみながら、伝統的な和紙を使ったオリジナルハガキを完成させることができました。
紙to和さんからは体験の時間のほか、「昨今紙の需要が減って、和紙作りについても職人さんが減り、会社として普及に貢献したい。」という施設の思いを語っていただき、伝統的な和紙作りについてのビデオ上映もありました。

※実際のイベント体験の様子

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206190&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206190&id=bodyimage2

地元の産業、伝統文化に触れることで子どもたちはもちろん、保護者も職員も地域への愛着と誇りを培っていきたいと考えています。また、紙すき体験は伝統文化であると同時に自然環境や資源を大切にするという心も育んでいくものと考えています。
これからも地元企業・団体とのコラボレーション企画を創生していき、弊社の「二次障害にさせない社会つくり」のビジョンを達成するために活動していきます。

【紙to和について】
運営会社:株式会社庫内
施設名:紙to和
U R L:https://www.kurauchi.co.jp/kamitowa/
所在地:大阪府東大阪市長田中4丁目6番27号
TEL:06-6747-6633

【エコルド東大阪長田教室について】
児童発達支援・放課後等デイサービス「エコルド東大阪長田教室」は大阪府東大阪市長田4丁目で主に幼児から低学年の発達障がい児や知的障がい児を対象に療育サービスを提供し、「二次障害にさせない社会つくり」をビジョンに運営しています。
弊社では「誰もがChallenge!!できる社会へ、Challengeできないことが二次障害」と考え、子どもたちに様々なサービスを提供する中でどんな障害があってもチャレンジしていく環境を提供しています。

【エコルドFC・委託事業について】
現在、大阪府内に5事業所をFC・委託運営をしており、弊社代表の北村が元大阪府警の刑事だった経験からもそのすべての事業所で「二次障害、発達障害児・者の犯罪と予防」に対する教養を実施し、障がい児への虐待・イジメ防止の活動と虐待・イジメ被害の早期発見、早期対応を義務付けています。

【株式会社Ecoldについて】
会社名:株式会社Ecold
代表者:代表取締役 北村耕太郎
開発ディレクター:中山のぞみ
所在地:大阪府箕面市西小路2-7-22 MKM友ビル2F 202号
TEL・FAX:072-200-2907
URL:https://www.d-forum.org/
E-Mail:info@ecold.jp
事業内容:児童発達支援・放課後等デイサービス運営・FC事業
療育用ロボットアプリ開発・販売
療育用ICT教材開発・販売 など



配信元企業:株式会社Ecold
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「発達障がい児の親子体験!「東大阪の産業・伝統文化」に触れる体験を地元企業とコラボ開催!