【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000198365&id=bodyimage1

『戦略プロセス経営実践会』(http://www.strategic-process.jp)を運営する株式会社とげぬき(所在地:横浜市 代表取締役 関口史郎)は、2019年7月、Amazonキンドル電子書籍ストアにて『非製造業(サービス業など)にロボットや新システムを売るマーケティング力: 製造業向けとは違うやり方で 新規事業を成功させる』をリリースいたしました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
サービス業など中小の非製造業に、製造業向けの「やり方」をそのままシフトしてもなかなか通用しない!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

著者が読者の皆さまにお伝えしたいことを一言で表現すると、このように表現できます。非製造業には銀行や証券会社など、新鋭なシステムを駆使している企業が含まれますが、例えば介護などの中小の非製造業では、これまで総じて機械化・システム化があまり進まず、人手に頼ったオペレーションが展開されてきました。しかし、今後は大きく変わっていきます。

そこにビジネスチャンスを見い出し、機械・ロボット・AI・IoT・ITツールなどの販売事業者が新規に多く参入してきました。しかし、いざサービス業などを相手にすると、なかなか上手くいかない企業が少なくないのです。その原因はいろいろありますが、最も大きな1つに絞るとすれば、製造業向けの「やり方」をそのまま非製造業にシフトしているからです。

「プロダクトアウト」のアプローチになりがちなのです。製造業には製品に精通している人が多いので、それでもさして大きな問題にはならなかったのですが、中小のサービス業などの非製造業向けに関しては、そういうわけにはいかないのです。

本書は、このことをもう少し詳しくお伝えするために上梓されました。同時に、「では、サービス業などの非製造業向けに販売事業を成功させるためには、どのような取り組みを行うべきか?」という点についても説明があります。

ただし、多忙な経営者などが「何かを学ぼう」「新しい気づきを得よう」と思って本を手にしても、じっくり腰を据えて読む時間は限られるはずです。200~300ページもの分量があると、サクッと読むことができません。何回かに分けて読むのは何かと面倒です。もしかしたら途中で頓挫してしまうことでしょう。そのようなことにならないよう、本書では1時間半を目安に読み終えることができるように編集されています。

【目次】

はじめに

第1章:イントロダクション~なぜ、上手くいかないのか?
1. 市場の特性が製造業とは異なり、必ずしも生産性や効率性が求められる職場ではない!
2. 業務が「見える化」されていない!
3. 意思決定が複雑で、事故リスクに対する心配が大きい!

第2章: 販売事業の成功には、市場・顧客の理解が必要では?
1. 展示会・セミナー等で判明した顧客のニーズは?
2. 顧客を観察してわかったアプローチのヒント
3. 顧客の機器選定の実態は?
4. 市場はセグメント化する

第3章: 強化すべきは戦略とマーケティング
1. 導入してもらうための要件は?
2. 市場開拓に必要なユーザーへの教育
3. 市場開拓のブレイクスルーには
4. 見える化が解決してくれる?
5. セミナーの開催はどうか?
6. 目の前にいる顧客は誰か?
7. ありきたりなアンケートでは、意味がないのでは?
8. 販売で、まず、やるべきことは?

第4章: 市場開拓を成功させるには?
1. 市場開拓を成功させる5つのポイント
2. 仕組み化の検討に必要な3つのパーツ
3. 小さな「成功パターン」を水平に展開する
4. 戦略とプロセスの明確化

ご質問・お問い合わせについて
筆者紹介
特別プレゼントのご案内

■ 非製造業(サービス業など)にロボットや新システムを売るマーケティング力: 製造業向けとは違うやり方で 新規事業を成功させる
https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07V6DV7YH






配信元企業:株式会社とげぬき
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「『非製造業(サービス業など)にロボットや新システムを売るマーケティング力: 製造業向けとは違うやり方で 新規事業を成功させる』著者 関口史郎をAmazonキンドル電子書籍ストアにてリリース