2017年度の国内ポイントサービス市場規模は1兆7,974億円まで拡大
~共通ポイントを活用したマルチポイントを採用する事業者拡大~

1.調査期間: 2018年2月~6月
2.調査対象: ポイント発行事業者、共通ポイントサービス提供事業者、ポイントサイト運営事業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2018年6月14日

<ポイントサービス市場とは>
本調査におけるポイントサービス市場とは、特定の企業やグループが提供するサービスや商品の購入などに対して、発行されるポイントやマイレージなどを対象とし、市場規模はポイントの総発行額を指す。その中には、特定の企業が発行するポイントやマイレージに加え、業種業態を超えた提携先加盟店で利用できる共通ポイントが含まれる。

プレスリリースの詳細は以下をご参照ください。

■プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/1918
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/


【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000177501&id=bodyimage1

情報提供元:Dream News
記事名:「【矢野経済研究所プレスリリース】ポイントサービス市場に関する調査を実施(2018年)-2017年度の国内ポイントサービス市場規模は1兆7,974億円まで拡大-