アイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下IBC)は、IoTセキュリティ基盤サービス“kusabi(TM)”で利用している、ブロックチェーン技術を利用した電子証明システムとデバイスプロビジョニングシステムについて、5月18日に特許を取得いたしましたのでお知らせします。

kusabi(TM)は、あらゆる「モノ=IoT(モノのインターネット:Internet of Things)」の安全な相互通信を目指した新PKI(公開鍵基盤:Public Key Infrastructure)技術を提供し、IoTのシステムモデルに最適なセキュリティを実現します。

この度取得した特許の範囲は、ブロックチェーンを利用した新PKI技術となる「電子証明システム」と、新PKIを支援しIoTデバイスからパスワードを撤廃するOTA(無線通信:Over-The-Air)をソフトウェアで実現する「デバイスプロビジョニングシステム」です。



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000175340&id=bodyimage1


                【図1:kusabi(TM)の全体像】


<電子証明システム(特許第6340107号)の概要>

改ざんすることができないブロックチェーンに公開鍵を登録することにより、従来の認証局モデルにとらわれない論理的認証を実現し、IoTデバイスに最適な新しいPKIを提供します。



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000175340&id=bodyimage2


     【図2:従来の認証局によるPKIと、kusabi(TM)によるIoTデバイス向けPKI】


<デバイスプロビジョニングシステム(特許第6340120号)の概要>

IoTデバイス専用の公開鍵と秘密鍵を生成すること、およびホワイトリスト方式によるアプリケーション検査を行うことで、堅牢なセキュリティによるデバイス管理を実現する仕組みです。



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000175340&id=bodyimage3


            【図3:デバイスプロビジョニングの仕組み】


今回の両システムの特許取得により、これらを活用したIoTセキュリティ基盤サービス“kusabi(TM)”の独自性と堅牢性が客観的に認められたことになります。その結果、パートナー様との「kusabiコンソーシアム(TM)」の活動が、さらに活性化することが見込まれます。IBCは取得した特許技術を用いて、ソフトウェアで実現する安心安全なIoTセキュリティの実現に取り組んでまいります。


<企業情報>

IBCは、2002年の設立以来、性能監視分野に特化した事業を展開しており、ネットワークシステムの稼働状況や障害発生の予兆などを把握するネットワークシステム性能監視ツールの開発・販売及びコンサルティングを手掛けています。
【社  名】 アイビーシー株式会社
【本  社】 〒104-0033 東京都中央区新川1丁目8番8号 アクロス新川ビル8F
【代 表 者】 代表取締役社長 加藤 裕之
【設  立】 2002年10月
【事業内容】 ネットワークシステム性能監視ツールの開発 / 販売 / サポート
       ネットワークシステムの性能評価サービス
       ネットワークシステムの設計・構築、コンサルティング
       各種機器、ソフト販売


<本件に関するお問い合わせ>

■アイビーシー株式会社
電話 :03-5117-2780
E-mail:info@ibc21.co.jp

情報提供元:Dream News
記事名:「アイビーシー、IoTセキュリティ基盤サービスで利用する技術2件で特許を取得 ~ 電子証明システムとデバイスプロビジョニングシステム ~