バスタイムから快眠まで、健やかで心地よいライフスタイル提案を進める内野株式会社(本社:東京都中央区/社長:内野信行)が運営するUCHINOタオル&バスショップ本店(http://store.uchino.co.jp/)にて、『母の日ギフト2018』特集を4月12日(木)より開始しました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000172189&id=bodyimage1

UCHINOタオル&バスショップ本店より、『母の日ギフト2018』特集にて
日頃の感謝のキモチを込めて大切なお母さんに贈りたいUCHINOのマシュマロガーゼをご紹介いたします。

WEB SHOPでは、母の日ラッピングをご用意しました。カーネーションの造花1本と『Thanks Mother』のミニメッセージをお付けします。※備考欄に「母の日ラッピング希望」とご記載ください。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000172189&id=bodyimage2

【対象商品】※一部

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000172189&id=bodyimage3

マシュマロガーゼ ギンガムチェック レディスパジャマ 19,440円(税込)
カラー:ブルー、ピンク
素材:綿100%
サイズ:S/M/L
商品ページ:http://store.uchino.co.jp/products/detail.php?product_id=14336&category_id=872


内野株式会社 ~綿素材の心地良さを追求しグローバルニッチトップ企業を目指します~
1947年設立の内野株式会社は、タオルづくりを通して常に時代の先を見据え、お客様に新しい提案をし続けてきました。
1956年には、世界初のプリントタオルを商品化し、1970年代にはオートクチュールブランドと契約、タオルに最先端のファッションを導入し、日本で最初の”ブランドタオル”を誕生させました。また、その素材特性を活かし定型や概念にとらわれない新たな発想で “タオルハンカチ“や”タオルマフラー”を日本で初めて商品化しました。
1980年後半代には、バスルームをリラックスできる癒しの空間と位置づけ、タオルだけでなくローブやウェア、バスマット、バス雑貨などをトータルで提案する企業へと成長しました。
「バスタイム」を「入浴から眠りにつくまでの時間」と新たに定義し、素材の開発や製造技術はもちろんのこと、医科学や人間工学などの分野にも踏み込んで研究を重ねています。そして毎日を豊かに暮らすために、その時間の過ごし方を模索し、ものづくりを通じて国内外に発信し高い評価を得ています。近年では、タオル地やガーゼ地、ワッフル地などの綿素材を「拭く布」から「まとう布」として進化させるという新たな提案を掲げ、新素材の開発を進めています。
内野の商品は、全国百貨店や直営店 UCHINO TOUCH(六本木ヒルズ内)で販売しています。現在の販売拠点は国内にとどまらず、中国国内をはじめ、アジア全域に出店をしているほか、アメリカやヨーロッパにも広がっています。


内野株式会社 http://www.uchino.co.jp
UCHINOタオル&バスショップ本店 http://store.uchino.co.jp
UCHINO TOUCH http://touch-e.com
UCHINO MY GAUZE MY TOWEL http://www.uchino-mymy.com


《本件に関するお問い合わせ先》
内野株式会社PR事務局 <(株)サニーサイドアップ内>
担当:中根
Mail:info_uchino@ssu.co.jp / TEL:03-6894-3200
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-23-5 JPR千駄ヶ谷ビル7




情報提供元:Dream News
記事名:「UCHINOタオル&バスショップ本店にて、『母の日ギフト2018』特集