【レポート紹介】
IoTノードおよびIoTゲートウェイの世界市場は、数量ベースで今後2023年にかけて平均年伸長率30%以上の高い成長で推移すると見られます。その市場数量規模は2016年の28億3000万ユニットから、2023年には171億8000万ユニットに達するとレポートでは予測しています。
当レポートでは、2023年に至るIoTノードおよびIoTゲートウェイの世界市場予測(数量Unit)、ハードウェア別市場(プロセッサ/各種、センサ/各種、接続IC/各種、記憶装置/各種、論理装置/各種)、用途製品別市場(ウェアラブルデバイス、ヘルスケア、自動車/交通機関、ビルオートメーション、インダストリアル、コンシューマーエレクトロニクス、小売、銀行/金融サービス/保険(BFSI)、石油ガス、農業、航空宇宙/防衛、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業15社プロフィール動向などの情報も交えて、IoTノードおよびIoTゲートウェイ市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
IoTノードおよびIoTゲートウェイの世界市場:ハードウェアタイプ別、用途製品別2023年予測
IoT Node and Gateway Market by Hardware (Processor, Connectivity IC, Sensor, Memory Device, Logic Device), by End-Use (Wearable Devices, Healthcare, Consumer Electronics, Building Automation, Industrial, Retail), and Geography - Global Forecast to 2023
http://researchstation.jp/report/MAM/6/IoT_Node_IoT_Gateway2023_MAM616.html

【レポート構成概要】
◆ IoTノードおよびIoTゲートウェイの世界市場予測2014-2023年
・数量(Units)

◆ ハードウェア別、市場-2023年
(※ハードウェア別の市場データは数量Unitsデータのみ記載)
プロセッサ
・マイクロコントローラ(MCU)
・マイクロプロセッサ(MPU)
・デジタルシグナルプロセッサ(DSP)
・アプリケーションプロセッサ(AP)
センサ
・加速度計
・慣性測定ユニット(IMU)
・心拍センサ
・圧力センサ
・温度センサ
・血中グルコースセンサ
・血中酸素センサ
・心電図センサ
・湿度センサ
・イメージセンサ
・周囲光センサ
・流量センサ
・レベルセンサ
・化学センサ
・一酸化炭素センサ
・モーションセンサ
・カメラモジュール
接続IC
・有線
 - Ethernet/IP
 - Modbus
 - Profinet
 - Foundation Fieldbus (FF)
・無線
- ANT+
-Bluetooth
-Bluetooth smart/Bluetooth low energy (BLE)
-ZigBee
-Wireless Fidelity (Wi-Fi)
-Near-Field Communication (NFC)
-Cellular Network
-Wireless Highway Addressable Remote Transducer (WHART)
-Global Positioning System (GPS)/Global Navigation Satellite System (GNSS) Module
-ISA100
-Bluetooth/WLAN
記憶装置
・オンチップメモリ
・オフチップメモリ/外部メモリ
論理装置
・Field-Programmable Gate Array (FPGA)
(※数量 Units)

◆ 用途製品別、市場-2023年
(※下記の用途分野ごとに詳細な製品タイプ別の細分化データ掲載。詳細は目次参照。)
・ウェアラブルデバイス
・ヘルスケア
・自動車、交通機関
・ビルオートメーション
・インダストリアル
・コンシューマーエレクトロニクス
・小売
・銀行、金融サービス、保険(BFSI)
・石油ガス
・農業
・航空宇宙、防衛
・その他(教育、職業、政府)
(※市場規模US$、数量Units)

◆主要国地域別市場-2023年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、韓国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・中東アフリカ(MEA)
・南米
※ 地域レベルで用途製品別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界動向
・バリューチェーン分析
・競合状況

◆ IoTノードおよびIoTゲートウェイの主要企業プロフィール動向
・INTEL CORPORATION
・HUAWEI INVESTMENT & HOLDING CO., LTD.
・NXP SEMICONDUCTORS N.V.
・TEXAS INSTRUMENTS INCORPORATED
・CISCO SYSTEMS INC.
・HEWLETT PACKARD ENTERPRISE CO.
・TE CONNECTIVITY LTD.
・ADVANTECH CO., LTD.
・DELL INC.
・MICROCHIP TECHNOLOGY INC.
・NOTION
・HELIUM SYSTEMS INC.
・SAMSARA NETWORKS INC.
・BEEP INC.
・ESTIMOTE INC.

(全264頁)


【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/6/IoT_Node_IoT_Gateway2023_MAM616.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年6 月19日

★関連レポート
「スマート工場の世界市場:2022年に至る技術別、業界別、市場予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Smart_Factory_2022_MAM516.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

情報提供元:Dream News
記事名:「「IoTノードおよびIoTゲートウェイの世界市場:ハードウェアタイプ別、用途製品別2023年予測」リサーチ最新版刊行