本調査レポートでは、主要住宅メーカーを対象とした住宅市場の調査を行い、個別企業の取り組みを中心とした住宅市場の実態を明らかにします。

発刊日: 2017/3/30
体裁: A4 / 702頁
書籍 定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円)

■本資料のポイント
・主要住宅メーカーの現状と今後の展開は、住宅・建築を中心とした事業の多角化加速
・新築戸建住宅は、地震への耐久性やZEHに向け、さらなる建物性能重視へ
・富裕層向け競争の激化、今後首都圏でのシェアをいかに高めていくのかも課題
・リフォーム受注競争の激化に対して、中高層建築や大型建築などで差別化図る
・VR元年、営業の効率化、他方で現場作業の教育用途にも期待
・見守りセンサーなど住宅へのIoT活用、HEMSとの連携進む
・立地重視傾向が強まる。不動産情報のよりタイムリーな把握に迫られる
・地権者やマンション管理組合などをまとめるコーディネーター人材が鍵
・海外市場への展開は成長に必須。海外展開ビジネスモデルの構築が急がれる

⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C58123300

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

情報提供元:Dream News
記事名:「【矢野経済研究所マーケットレポート】「2017年版住宅メーカーの展望と戦略」を発刊いたしました