付加製造の環境面での利点を宣伝する付加製造事業者グリーントレード協会

独フランクフルト--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- 航空宇宙・防衛産業を重点分野とする付加製造大手メーカーのシンタビアはフォームネクストにて本日、従来の製造法と比較した付加製造(AM)の環境面での利点の宣伝に傾注する組織として、付加製造事業者の業界団体を共同設立すると発表しました。新設される団体は、名称が付加製造事業者グリーントレード協会(AMGTA、Additive Manufacturer Green Trade Association)となり、いかなる系列にも属さない非営利団体として、製造事業の持続可能性と関連した一定の基準を満たす付加製造事業者であれば自由に加入できます。


シンタビアのブライアン・ネフ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「付加製造では非常に多くの場合、この技術のコスト面と時間面の利点に注目しますが、従来の製造法と比較してAMが持つ環境面の実に真の利点については同じようには考慮されません。環境面の利点には、最終用途の設計多様性の向上と、製造プロセスそれ自体の産業生態学的改善が含まれます。AMGTAの目的は、末端市場区分でこれらの利点に対する認識を高め、本技術の採用を加速することです。当社はこの先数カ月にわたり、業界内の共同設立者と協働してAMGTAの基盤を築き、2020年にはすぐに全力で取り組めるようにします。」

AMGTAは、来年の第2四半期までにはフルに活動を開始できる見込みです。

AMGTAについて。AMGTAはいかなる系列にも属さない非営利団体で、次の基本的な基準を満たすメーカーであれば自由に加入できます。

  1. 最近の会計年度を通じ、製造収益の大半を付加製造から得た。
  2. 廃棄物削減および事業の持続可能性と関連した積極的な社内ポリシーを採用している。
  3. グリーン・ビジネス・ビューローまたは類似の認証機関のメンバーである。
  4. 末端市場および公衆全体を対象に、付加製造の環境面の利点を増進して、非商業的に宣伝する活動に積極的に参加する意思がある。

詳細情報についてはwww.amgta.orgまでご連絡ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20191119005951/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

AMGTA
Lindsay Lewis, info@amgta.org

情報提供元:
記事名:「シンタビアが付加製造事業者のグリーン業界団体を設立