〜リネージュ・ロジスティクスの戦略的プレゼンスをアジア太平洋地域の主要な新市場に拡大する買収〜

〜リネージュの海外での主導的地位をさらに高め、米国、オーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、スリランカの46施設を追加する取引〜

米ミシガン州ノバイ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界最大で最も革新的な温度管理物流ソリューション提供企業のリネージュ・ロジスティクス・ホールディングス(リネージュまたは当社)は本日、エマージェント・コールド(エマージェント)を買収する正式契約を締結したと発表しました。今回の買収は、米国の港湾リーダーとしての当社のプレゼンスを強化し、オーストラリア、ニュージーランド、スリランカの温度管理物流市場への参入を示すもので、アジア太平洋地域でのリネージュの既存のプレゼンスを基盤としています。本取引の金銭的条件は開示されていません。


リネージュのグレッグ・レームクール社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「食品生産者、メーカー、小売企業は、ダイナミックかつ真にエンドツーエンドで、世界の隅々にまで届く温度管理物流ソリューションを提供できるコールドチェーン・パートナーを探しています。エマージェントをリネージュ・ファミリーに迎えることで、当社の海外拠点に大きな能力が追加されるだけでなく、当社の港湾戦略と国際貿易への取り組みも深化します。私たちは、世界ネットワークの最適化、関税の影響、消費者の嗜好の変化など、絶えず変化する市場のダイナミクスにお客さまが対応するための支援を強化でき、同時にその商品を販売するための新たな潜在的市場機会も切り開くことができます。」

本取引の完了後、統合した会社は、10カ国の260施設に17億立方フィート以上の温度管理能力を備え、その世界拠点は北米、欧州、アジア、オーストラリア、ニュージーランドに広がります。この買収により、ダラス・フォートワース市場に新設された流通センターと、ニューオーリンズ、ヒューストン、チャールストンの4つの米国の港湾施設が、顧客向けの輸入、輸出、税関仲介サービスをサポートするリネージュの広範なネットワークに追加されます。本取引には、エマージェントが長期リース契約に基づき現在リースで利用している一部施設での不動産購入も含まれます。

エリオット・マネジメントとニール・ライダーが2017年に設立したエマージェントは、成長実績と世界市場の顧客との長年の関係を持つ経験豊富な経営チームをリネージュにもたらします。

エマージェント創業者のニール・ライダー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「リネージュと一緒になることで、最高品質の世界的なコールドチェーン・ソリューションをお客さまに提供するという当社の目標が加速されます。リネージュは業界リーダーとしての地位を確立しており、エマージェントを追加して世界拠点と港湾プレゼンスを拡大することで、両社のお客さまに素晴らしい機会が生まれます。また、エマージェント・コールドが単なるアイデアであった時に私たちを信じて支援していただいたエリオット・マネジメントと、常に指導力を発揮してサポートしてくれたクリス・ジャムロズ執行会長に感謝したいと思います。そのパートナーシップ、サポート、専門知識は、エマージェントの成功促進に不可欠でした。ベイ・グローブやリネージュとの次の段階に期待しています。」

エリオット・マネジメントのアソシエイト・ポートフォリオ・マネジャーのコーディ・キトルは、次のように述べています。「ライダーと提携したのは、世界的に重要なコールド貯蔵企業を構築するというそのビジョンをサポートすることが魅力的な機会だと考えたからです。2年も経たないうちに、私たちは6カ国4大陸で高業績企業7社を買収し、2カ所のグリーンフィールド施設を立ち上げる一方で、業務全体で売上高と最終損益の大幅な向上を推進できました。ライダー、エマージェントのチーム、リネージュにお祝いを申し上げます。皆さまはエマージェントにとって最適のパートナーです。統合後の事業体の持分を引き続き保有できることが楽しみです。」

エマージェントのクリス・ジャムロズ執行会長は、次のように述べています。「世界的なコールド貯蔵の革新的リーダーとして、エマージェントをリネージュ・チームの一員に迎えることを楽しみにしています。」

リネージュを支援するプリンシパル投資企業であるベイ・グローブの共同創業者でマネジングパートナーのケビン・マルケッティは、次のように述べています。「私たちは、エマージェントの素晴らしい成長軌跡を見守り、長年にわたりその経営チームを尊敬してきました。その能力、関係、成長パイプラインを当組織に迎えられて非常にうれしいです。私たちのチームは力を合わせて、広範なネットワークを活用し、最も差し迫った課題に革新的ソリューションを適用することで、お客さまとの重要な関係の強化に取り組みたいと思います。」

この取引により、リネージュはオーストラリア(50億ドル相当の部門)と近隣のニュージーランド、ベトナム、スリランカのコールド貯蔵スペースへの需要の高まりを活用する態勢が整います。この部門は急速に発展しており、乳製品、魚介類、生肉、調理済み肉、鶏肉、冷凍野菜、その他の冷凍・冷蔵食品を含む食品のアジア太平洋の国内・国際サプライチェーンの不可欠な部分です。取引完了後は、リネージュは輸出需要の増大とより広範なサプライチェーン・ニーズへの対応でお客さまを支援できるようになります。

2008年の設立以来、リネージュはクラス最高のコールド貯蔵企業を買収して急拡大し、新プロジェクトに資本を投入してビジネスを有機的に成長させてきました。当社のエマージェントの買収は、補完的企業をポートフォリオに統合してきた過去の成功を基盤としています。

本取引のベイ・グローブとリネージュの法律顧問は、レイサム・アンド・ワトキンス法律事務所が務めました。エマージェントの法律顧問は、デベヴォイズ・アンド・プリンプトン法律事務所が務めました。

本取引は慣習的な完了条件および規制当局の承認を経て、2020年に完了する予定です。

リネージュ・ロジスティクスについて

リネージュは、世界最大で最も革新的な温度管理物流ソリューション提供企業です。リネージュのエンドツーエンドの物流ソリューションに関する専門知識、比類のない施設ネットワーク、技術の活用を組み合わせて、食品安全の推進、流通効率の向上、持続可能性の前進、環境影響の低減、サプライチェーン廃棄物の最小化を実現しています。リネージュは、フォーチュン500企業から小規模な家族経営の企業までのお客さまの効率向上と温度管理サプライチェーンの完全性保護を支援しています。当社の優れた革新技術が認められた結果、リネージュはファスト・カンパニーの2019年度「世界で最も革新的な企業」リストでデータサイエンス企業の第1位に選ばれ、さらに世界数千社の評価では総合第23位にランク入りしました(www.lineagelogistics.com)。

エマージェント・コールドについて

エマージェント・コールドは、顧客の世界的大手コールドチェーン・サービス・パートナーになるというビジョンと共に2017年に設立され、既に南半球最大の温度管理サービス提供企業になっています。エマージェント・コールドは、買収とグリーンフィールド開発の組み合わせを通じて成長し、6カ国にコールドストア46カ所のネットワークを持っています(www.emergentcold.com)。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Lineage Logistics
Megan Hendricksen
949.247.5172
mhendricksen@lineagelogistics.com

Emergent Cold
Allen Ramsay
817.913.3601
Allen.Ramsay@emergentcold.com

情報提供元:
記事名:「リネージュ・ロジスティクスがエマージェント・コールドの買収を発表、米国港湾ネットワークとアジア太平洋市場での戦略的プレゼンスを拡大