中国・深セン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 「開放と技術革新を通じた大湾区の活性化」をテーマとする第21回中国国際ハイテク成果交易会(CHTF2019)が、2019年11月17日に深センで成功裏に閉幕しました。5日間にわたって開催されたCHTF2019は、展示、フォーラム、技術交流、協力の場を提供し、技術革新の促進と革新的な環境の強化において積極的な役割を果たしました。



14万2000平方メートルの会場で開催されたCHTF2019には3315社が出展し、AI、スマートホーム、インテリジェント製造、IoT、スマート運転、スマート+、カー・ネットワーキング、5G、ブロックチェーンといった分野における1万216件のハイテク・プロジェクトが披露されました。

CHTF2019には、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、バーレーン、日本、韓国、米国、EUのほか、北京、上海、広東などの33の省や地方自治体、香港、マカオ、台湾を含む44の国と国際機関から148団体の代表団が参加しました。29の著名な大学がハイテク・プロジェクトを紹介しました。

さらに、合計256件のハイレベルのフォーラム、サロン、技術会議が催され、57万6000人が出席しました。国内外の306の報道機関の1253名のジャーナリストがCHTF2019について伝えました。

ファーウェイ(華為技術)、ZTE、富士、平安科技、NTTデータ、香港テレコムなどの大手企業以外にも、多くのユニコーン企業や準ユニコーン企業がCHTFに出展し、合計で2077品目の新製品と昨年を400件上回る701件の新技術が紹介されました。

さらに、ノーベル賞受賞者、チューリング賞受賞者、中国および世界の学者、科学者、エコノミストを含む60人の著名な来賓が講演を行いました。IBM、ボッシュ、フィリップス、富士通、美的、迅雷の幹部がさまざまなフォーラムおよびその他の活動に参加しました。イラン、ハンガリー、セルビア、アイルランド、アラブ首長国連邦の次官級以上の高官9名もCHTFに参加しました。

広東、香港、マカオにまたがる大湾区における革新的リソースを集結したCHTF2019では、広東-香港-マカオ展示エリアが開設され、現地での共同開発の新たな機会を紹介するとともに、大湾区における強力な技術イノベーション・センターの構築を支援しました。

21年目を迎えたCHTFは、科学および技術的な成果の取引の場の提供という点で豊富な経験を積んでいます。今後もCHTFはハイテク業界のあらゆる部門と連携して、中国のハイテク産業の発展に新たな刺激を与えていきます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Ms. Peggie Wang
China Hi-Tech Fair Organizing Committee Office
Tel.: +86-755-82848962,
wangyq@chtf.com, 654333235@qq.com

情報提供元:
記事名:「中国国際ハイテク成果交易会(CHTF2019)が深センで閉幕