サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- アンダーセン・グローバルは、ナミビア最大級の法律事務所のドクターウェダー・カウタ・アンド・ホベカとの協力契約を発表します。アンダーセン・グローバルのアフリカ南部でのプレゼンスは、南アフリカ、ザンビア、ボツワナ、ジンバブエ、ルワンダ、モーリシャスに今回ナミビアが加わったことで、今年大きく拡大しました。ナミビアは、この世界的組織がプレゼンスを有するアフリカで17番目の国です。

ナミビアで70年以上にわたり法律業務を行って地域に深く根ざしているドクターウェダー・カウタ・アンド・ホベカは、ナミビア全体で100人以上の法律専門家と19人のパートナーを擁し、Windhoek、Ongwediva、Swakopmund、Grootfonteinに事務所を構えています。

ドクターウェダー・カウタ・アンド・ホベカのオフィスマネジングディレクターのAndré Swanepoelは、次のように述べています。「私たちのビジネスの中核には人間関係を大切にする考えがあり、私たちは行動の仕方に気をつけています。私たちは透明性を重視し、顧客にクラス最高のサービスを提供すべく努めています。当社と価値観が非常に一致するアンダーセン・グローバルの国際組織の企業と協力できてうれしく思います。」

ドクターウェダー・カウタ・アンド・ホベカは、訴訟、労働法、商法、会社法、税法、不動産譲渡の分野で、個人、家族、企業の顧客に法務サービスを提供しています。

アンダーセン・グローバル会長でアンダーセン最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「ナミビアは、成長と経済構築のユニークな地位にあり、そのため当社のアフリカ戦略にとって、また私たちが世界的拡大を続ける中で、非常に重要な市場です。Swanepoelとそのチームは、シームレスな業務とスチュワードシップという価値を共有しています。ナミビアで緊密に連携していきたいと思います。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家による法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、提携事務所と協力事務所を通して世界の151カ所以上の拠点に4500人を超える専門家を擁しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Megan Tsuei
Andersen Global
415-764-2700

情報提供元:
記事名:「アンダーセン・グローバルがナミビアに進出、アフリカでのプレゼンス拡大を継続