アジア太平洋地域での強化は、世界と地域の顧客との関係を深めるハイアライトの戦略の要石

米カリフォルニア州アーバイン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ)-- 世界的雇用経歴確認・薬物検査・学歴検証・電子フォームI-9およびE検証ソリューションを提供するリーディングカンパニーのハイアライトは、日本の東京とオーストラリアのニューキャッスルをそれぞれ拠点として経歴スクリーニング業務を提供するリーディングカンパニーのJ-Screenピープルチェックを買収したことを発表いたします。


どちらの買収も世界のサービスと、特にアジア太平洋(APAC)地域でのプレゼンスを強化するハイアライトの戦略に不可欠です。この2つの戦略的拡大は、APAC出身の人材やAPACで働く人材を雇用しようと考える世界の顧客に対して優れた対応を可能にし、この地域を拠点とする顧客企業は現地サービスの強化を体験できるようになります。

ハイアライト最高経営責任者(CEO)のGuy Abramoは、このように語っています。「企業と人材がますます国境を問わないものになるにつれて、雇用主は世界的スケールで候補者の確認を行う力を持つ必要があります。それは、現地オフィスでの雇用の場合も国際市場の場合も同様です。地域内の国別の専門知識と業務能力を持つことは必須であり、特定の規制問題や文化の問題に対応しようとする時には特に重要です。当社のこの地域へのコミットメントの規模と範囲を拡大することで、お客さまが世界的な労働力を拡大する際に必要となるスピード、可視性、正確性を提供してお客さまをサポートできる立場がさらに強化されます。」

J-Screenは日本と韓国で経歴スクリーニングとデューデリジェンスのサービスを提供し、公共・私的・独占的情報源のしっかりとしたネットワークを確立しています。顧客には、金融機関、多国籍企業、プロフェッショナル・サービス提供者、政府組織が含まれます。

ピープルチェックも多くの業界にわたって経歴スクリーニング・サービスを提供しており、対応業界は、テクノロジー、建設、金融、通信、募集、プロフェッショナル・サービス、鉱業、ヘルスケアにわたっています。そのエンドツーエンドのプロセスでは、迅速かつ正確で客観的な結果が得られ、業界と製品に関する強力な経験によって顧客サービスを重視しています。

ハイアライトのEMEAおよびAPACマネジングディレクターのSteve Girdlerは、このように述べています。「私たちは、J-Screenとピープルチェックをハイアライトのファミリーに迎えることをうれしく思います。それぞれの地域での卓越したサービス会社として、私たちは、その能力と知識に優れたチームがAPACの当社顧客にもたらす追加の価値を活用できることをうれしく思います。」

ハイアライトについて

ハイアライトは、雇用主が適切な候補者を採用できる手助けとして、世界的な雇用背景確認、薬物検査、学歴確認、電子書式I-9、E検証のソリューションを提供しています。雇用主は、ハイアライトの幅広いスクリーニング・ソリューションを自社独自のニーズに合わせて調整することができ、雇用や資格確定のプロセスで安心を得ることができます。ハイアライトのプラットフォームは、既存の人事プラットフォームと候補者追跡システムを統合したもので、組織や応募者に可能な限り最高の体験を提供します。

ハイアライトはカリフォルニア州アーバインに本社を置き、ロンドン、メキシコ市、シンガポールに置かれた地域本社を含めて世界各地にオフィスを有しています。詳細はwww.HireRight.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contacts:
APAC:
Isabelle Demaude
The Hoffman Agency
idemaude@hoffman.com

North America / EMEA:
Kelsey Eidbo
Infinite Global
kelseye@infiniteglobal.com

情報提供元:
記事名:「ハイアライトが日本とオーストラリアでの2件の重要買収によって世界的なサービス提供を強化