米カリフォルニア州サニーベール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 200PPI、1.8インチのRGB microLEDディスプレーが、千葉県で2019年10月15日~18日に開催されるCEATECの京セラ・ブースで展示されます(7ホール、H020ブース)。 https://www.ceatec.com/en/


このmicroLEDディスプレーは、gloのオールInGaN RGB microLEDを使用し、世界唯一の赤色InGaN microLEDも採用されています。

「gloのmicroLEDディスプレーは、完全なHDR機能を搭載し、輝度は最高100万ニトになります。このディスプレー技術は既存のTFT製造インフラストラクチャーを活用しており、OLED製造に必要となる膨大な投資が不要です」と、glo AB最高経営責任者(CEO)のFariba Daneshは語っています。

gloは2010年に米国シリコンバレーの中心地で創業されました。詳細情報や投資機会については、Henry Chiu(henry.chiu@glo-usa.com)にお問い合わせください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Henry Chiu, VP of Business Development
+1-408-598-4400
henry.chiu@glo-usa.com
www.glo.se

情報提供元:
記事名:「gloのスマートウォッチ向けmicroLEDパネルを使用した京セラの最新microLEDディスプレーを千葉県の幕張メッセ国際展示場で開催されるCEATECの京セラ・ブースでご覧ください