近赤外に高い感度を有し、リアルタイムでのインライン非破壊検査に対応した「InGaAsラインスキャンカメラ C15333-10E」を2019年11月1日に発売します。

浜松--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --浜松ホトニクス株式会社(東証:6965)は、50年以上前から近赤外イメージングカメラの製造を開始し、長年にわたり近赤外イメージング技術の開発に取り組んできました。現在は、貼り合わせSiウェーハのボイド検査やIC内部観察、通信用機材検査などに高画質イメージングが可能なInGaAsエリアカメラを提供しています。これまでに200以上の企業や大学、研究施設に導入実績があり、多くのお客様から好評をいただいています。



このたび、インラインでの非破壊検査に対応した「InGaAsラインスキャンカメラ C15333-10E」を発売します。エリアカメラでは対応が困難であったパッケージ内の液量・容量など入味検査、農産物キズ・異物検出など、コンベアなどで搬送される対象物の検査、半導体デバイスの高解像度検査、太陽電池等半導体材料の欠陥検査などに高感度かつリアルタイムで対応します。

2019年12月4日からパシフィコ横浜にて開催の「国際画像機器展2019」に本製品を出展します。製品の展示と共にインライン検査を想定したデモンストレーションも予定していますので、ぜひ会場にてご覧ください。

また、本日よりお客様のサンプルを用いたデモンストレーションも承ります。弊社までお気軽にお問合せください。

<特長>

・近赤外波長において高感度
感度波長は950 nm~1700 nmまで対応し、かつ1100 nm~1600 nmにおいては量子効率60%以上を保有します。

・広い視野での撮像
640(H)×512(V)の視野を持つ従来のInGaAsエリアカメラ(弊社製C12741-03)に比べ、水平方向の画素数が1024画素と、広い視野での撮像が可能です。

・高速なインライン検査に対応
ラインレート 40 kHz/ラインでの撮像を実現しています。

・画素補正機能内蔵による高画質
素子の性能を活かし低ノイズ読み出しを可能にした回路設計に加え、素子の白点や画素間の感度差、非直線性(リニアリティ)を内蔵の画素補正機能で補正することにより、高画質を実現しています。

・GigE Vision対応
産業分野で広く使われているGigE Visionに対応したインターフェースを採用しています。

・コンパクトかつ軽量なカメラヘッド
サイズ 49 mm(H)×49 mm(V)×100 mm(D)(突起部含まず)、重量 250 gとコンパクトかつ軽量なヘッドのため、機器組込みに最適です。

・リーズナブル
従来のInGaAsエリアカメラ(弊社製 C12741-03)に比べ、価格が約1/3と非常にお求めやすい価格になりました。

<価格>

単体:780,000 円(税抜)

<発売時期>

2019年11月1日(予定)

<製品案内ページ>

https://www.hamamatsu.com/jp/ja/news/featured-products_technologies/2019/20191001000000.html

【浜松ホトニクス】
浜松ホトニクスは、光の技術集団として、光の基礎研究と各種光関連製品の開発・製造・販売を行っています。
代表的な取り扱い製品として、光電子増倍管やフォトダイオードをはじめとする光検出器、レーザやLEDをはじめとする光源、そして光検出器をキーコンポーネントとしたカメラや画像解析装置・光計測装置などがあります。また、光の本質に迫る研究に加え、光技術の産業応用に様々な視点から取り組んでいます。

【当社Webサイト】
https://www.hamamatsu.com


Contacts

浜松ホトニクス株式会社
システム営業推進部(担当:藤原 将伸、豊田 浩、杉下 財)
TEL: 053-431-0150
FAX: 053-433-8031
E-mail: sales@sys.hpk.co.jp

情報提供元:
記事名:「浜松ホトニクスが高速・高解像度な近赤外カメラ「InGaAsラインスキャンカメラ C15333-10E」をリリース