ダラス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界有数の不動産投資信託(REIT)のサイラスワン(NASDAQ:CONE)は、ドイツのフランクフルトで最新のデータセンター拠点の第1期建設工事に着手したと発表しました。


この施設は、フランクフルト市内のゾッセンハイム地区にあるサイラスワンの3番目の施設であり、クラウド・プロバイダー、システム・インテグレーター、多国籍企業に、カスタマイズされた安全で耐障害性のあるデータセンター・ソリューションを主要なビジネス・ハブの中で提供します。

2020年第2四半期に完成予定のこの施設は、隣接する2棟の4階建てビルから成り、1万1500平方メートルの世界クラスの技術スペースに22 MWのIT電力を供給します。各データホールでは間接断熱空気冷却を行い、極めて低い電力使用効率(PUE)を実現します。

サイラスワンのテッシュ・ダーバスラ欧州担当プレジデントは、次のように述べています。「フランクフルトは急成長している都市であり、その経済的強みと非常に重要な欧州の金融センターに近いことから、サイラスワンにとって戦略的に最も重要な場所です。今回の施設建設は、フランクフルトで3番目の施設拡張となり、来年に工事が完了するまでに実質的に先行リース契約を行う予定です。」

「欧州における米国のハイパースケーラーの需要は非常に大きく、今ではさらに拍車がかかっています。この開発は、ダブリン、アムステルダム、ロンドンでの当社の他の拡大活動と共に、欧州で唯一のハイパースケール・データセンター事業者になるという当社の意欲を明確に表しています。欧州での当社の事業は、2年後にはサイラスワンの総収益の約20パーセントを占めるまでに成長すると予想しています。」

フランクフルトIIIデータセンターは非常に短期のスケジュールで建設されます。これは、世界各地に45件を超えるデータセンターを建設してきたサイラスワンの豊富な経験により可能になりました。サイラスワンはモジュール方式の建築方法を採用しており、マーキュリーやクライン・アーヒテクテンなどの評価の高いパートナーと密接に連携していきます。

セーフハーバー

本プレスリリースには、予想される結果や将来の出来事に関する将来予想に関する記述が含まれています。そのような記述は、1995年民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」規定の対象となります。過去の出来事に関する記述以外で本プレスリリースに含まれているすべての記述は、将来予想に関する記述と見なされます。これには、サイラスワンの計画、目的、予想および意図に関する記述や、これらの根底を成す仮定に関する記述が含まれますが、これらに限定されるものではありません。これらの記述は、当社および当社の顧客企業が事業を運営する業界および市場に関する現在の予想、推定、見通し、予測、ならびに当社経営陣の現在の考え、見解および仮定に基づいています。「予定する」、「見込む」、「予想する」、「予測する」、「意図する」、「計画する」、「考える」、「求める」、「推定する」、「続ける」、「尽力する」、「努力する」、「かもしれない」、「~だろう」、「~のはずだ」、「可能性がある」などの用語や、これらの用語の否定形またはこれらの用語の変化形あるいは類似の表現で、このような将来予想に関する記述を識別することができます。また、当社の将来の財務または営業業績、当社および当社の顧客企業の業界、事業および市場で予測される成長と動向、あるいは将来の出来事や状況についてのその他の評価に関する記述は、すべて将来予想に関する記述です。将来予想に関する記述は、経営陣の現在の予想と仮定に基づいており、多くの要因、リスク、不確実性を伴い、実際の結果が将来予想に関する記述で明示または暗示されたものと大きくかつ不利な形で異なることがありますので、注意が必要です。このような違いが発生する原因あるいは一因となる可能性のある要因には、フランクフルトIII現場の開発を成功させ、欧州におけるより広範な拡大・開発イニシアチブを実行し統合する当社の能力が含まれますが、これに限定されるものではありません。このような違いを生じさせる原因または一因となる可能性のある要因、リスク、不確実性に関する詳細は、フォーム10-Kによる年次報告書の「リスク要因」および「経営陣の議論と分析」のセクション、およびその後のフォーム10-Qによる報告書やその他のSECへの提出書類など、当社が証券取引委員会(SEC)に提出した書類に記載されています。本リリースに含まれる将来予想に関する記述は、このリリースの発表時点での発言です。法律で義務付けられた場合を除き、新しい情報、状況の変化、将来の出来事などが発生しても、当社は将来予想に関する記述を更新または改訂する義務を一切負いません。

サイラスワンについて

サイラスワン(NASDAQ:CONE)は、信頼性の高い企業クラスのキャリア・ニュートラルなデータセンター物件を専門とする高成長の不動産投資信託(REIT)です。当社は、210社を超えるフォーチュン1000企業を含む約1000社の顧客企業にITインフラストラクチャーの継続的運用を保護し実現する基幹業務のデータセンター施設を提供しています。

ハイパースケール・クラウド・プロバイダーによる厳しい市場投入スピードの要求や、拡大する企業のITインフラストラクチャー要件を満たして上回ってきた実績を誇るサイラスワンは、事業の成長を促す柔軟性、信頼性、セキュリティー、接続性を提供します。サイラスワンは、個別対応の顧客サービスを重視したプラットフォームを提供し、世界各地45箇所を超えるデータセンター全体で、通信、管理、サービス提供における完全な透明性を実現すべく取り組んでいます。サイラスワンの詳細情報については、www.CyrusOne.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Allison+Partners
Martina Muller / Sophie Koenigsberger
CyrusOneGermany@allisonpr.com
Phone: + 49 (0)89 388 892 014

情報提供元:
記事名:「サイラスワン、フランクフルトで3番目のデータセンターを着工