コーリ氏は、新しい経済を推進しつつ社会に役立つ投資を追求


コーリ氏は、2025年にはAI・機械学習の価値は150兆ドルに達して中国と米国が市場の大部分を占めると予測

ロンドン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ロンドン・テック・ウィークにて:ロンドンを拠点とするテクノロジー起業家のテジ・コーリ氏が、人道主義的方向性を有するロボット工学を中心としたベンチャー・スタジオであるリワイヤード(Rewired)にさらに1億ドルを投資しました。リワイヤードは、新しい経済を推進し、ビジネスを変革し、世界の医療に革命をもたらし、さらには人々の生活を改善・拡張する人工知能と機械学習ベンチャーへの投資を先駆けて実施しています。

リワイヤードがすでに支援している企業には以下が含まれます。

  • Open Bionics:次世代の人工装具を開発しています。この人工装具では、患者は初めて装具を介して周囲の環境を感じることができます。
  • Aromyx:味と香りを初めて科学的に再現可能な方法で測定してデジタル化できる技術を開発しています。アプリケーションには、機械学習のための新しいデータのモダリティの検出とキャプチャーが含まれます。
  • Seldon:データ・サイエンティスト、開発者、大規模組織がデータを共有できる世界初のオープンソースの機械学習プラットフォームを開発しました。これにより、機械学習のネットワーク効果を生かし、機械がより速く、より大きく、よりうまく学習できるようになります。

世界のAI市場の価値については、2022年に3兆9000億ドル(ガートナー)になるという予想から2030年に15兆7000億ドル(PWC)になるという予想まで、多様な予想が存在しますが、しかし、テジ・コーリ氏は、本当の価値はもっと大きいと考えています。

コーリ氏は次のように述べています。

「従来の考え方は慎重すぎます。私は、世界のAIセクターは2025年には150兆ドルの価値になると予測しています。この予測は5つの部分からなる分析に基づいています。」

  • 現在のインターネットは50兆ドルの価値があります。これを前提とし、インターネットの3倍から4倍以上の数のアプリケーションにこれを当てはめると150兆ドルになります。これより少なくなるはずはないのです。AIには数多くのさまざまな業種やアプリケーションがあるからです。
  • 現在、インターネット上にあるすべてのものは、AIを通して、よりスマートに、より良く、より効果的な方法でも表現できます。これらのインターネットにリンクされたアプリケーションだけでも数千億ドルの価値があります。さらにAIは他の何百種類もの業種にわたって同じように適用することができます。
  • 中国ではAIが急速に成長しており、今や深圳は卓越したAIの世界的中心地であり、中期的にはこれまで以上に規制を受けているシリコンバレーを上回るでしょう。
  • 5G対応が世界的に発展し、スマートフォンの利用が一般的になったことから、真のモノのインターネットにAI革命を取り入れる上での技術的障壁が取り除かれました。
  • 私たちは今転換点にあり、今後、AIと機械学習は飛躍的に成長し、人々の生活のあらゆる側面を支え、恩恵をもたらします。

「私は、すべてにおいてAIが完全に導入されることを前提に150兆ドルと言っているのではありません。150兆ドルというのは、基本的な人間の規範や価値観をそのままの状態に維持した場合の額だと考えています。AIを用いるのは、AIの全能力を用いて、私たちの生活を根本的に変えることなく、生活をより効率的にするためです。私はこの価値はインターネットの3~4倍になると見積もっています。」

「また、企業と組織をはるかに効率的にするAIの能力により、貧困、地政学的状況、医療の利用の不平等といった最も差し迫った人類の問題の解決においても、AIにより人類はかつてないほどの飛躍を遂げることができます。巨額の商業的利益と共に、人類の進歩のためのかつてない機会が生まれる余地があります。」

テジ・コーリ氏について

テジ・コーリ氏は、ロンドンを拠点とするテクノロジーと不動産の起業家であり、実業家であり、慈善家です。現在は生活を変革し、世界を変える可能性を秘めた先見性のあるベンチャーと投資に注力しています。自身の投資事業体であるコーリ・ベンチャーズを介して、コーリ氏は、世界で最も差し迫った課題を解決し、より良い未来を生み出すのに役立つAI、ロボット工学、バイオテクノロジー、ゲノミクス、フィンテックへの強力なインパクト投資を目指しています。

コーリ氏はまた、慈善団体のテジ・コーリ財団を介して、2030年までに世界の角膜症失明を治療するという広く知られた使命を抱いています。この財団は、世界の角膜症失明の解決を目指す優れた世界的機関であるテジ・コーリ角膜インスティテュートに直接資金を提供しています。

コーリ氏は、インドのカーンプル工科大学(IITK)の優秀同窓生であり、電気工学の学位を取得しています。同氏はドットコムブームの間に、企業のために革新的なホワイトラベル技術と電子商取引ソリューションを構築することに成功しました。

www.tejkohli.com

リワイヤードについて

リワイヤードは、応用科学と技術を専門とするロボット工学を中心としたベンチャー・スタジオです。リワイヤードは2017年に設立され、ロボットが実社会の環境と適切にやり取りできるようにするための技術に初期資金の1億ドルを投資しました。ロボットの感覚能力の発達と周囲の環境の理解を支援する中で、リワイヤードは、機械学習を安全かつ効率的に日常生活に組み込めるようにする上で重要な役割を果たすことを目指しています。

www.rewired.com

リワイヤードの詳細情報については、https://youtu.be/6yc5EcBIU5Uをご覧ください。

以上

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For an interview with Tej Kohli please contact:
Mike Macfarlane
mike@kohliventures.com
+447764 225 924

Helen Tarbet / Kim van Beeck / Hannah Ratcliff (Buchanan)
kohliventures@buchanan.uk.com
+4420 7466 5000

情報提供元:
記事名:「ロンドンのテクノロジー起業家テジ・コーリ氏がAI・機械学習ベンチャーに1億ドルを投資