航空宇宙部品製造施設が操業開始

米フロリダ州ハリウッド--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 航空宇宙・防衛産業向け金属付加製造大手一次メーカーのシンタビアは、フロリダ州ハリウッドにある5万5000平方フィートの先進製造施設を正式に開設しました。当社の本社も兼ねるこの新工場では、5月9日に開設祝賀イベントが開催され、150人を超えるお客さま、業界パートナー、政府関係者が参加しました。



このプレスリリースにはマルチメディア資料があります。リリースの完全版はこちらをご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20190513005786/en/

シンタビアのブライアン・ネフ会長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「この新しい施設は、大規模な付加製造(AM)生産と堅固な航空宇宙品質管理システムを備えた北米で初めての施設です。当社の成長と共に、この施設は、米国ならびに世界の未来の垂直整合先進製造施設のひな型として役立つでしょう。」

この開設記念イベントには、150人を超えるお客さまと、住友商事などの業界パートナーが参加しました、住友商事はシンタビアのグロースエクイティ投資パートナーであり、世界最大規模の国際貿易会社の1つです。米州住友商事総支配人の中島正樹氏は次のように述べています。「シンタビアは今回もAM生産の産業化におけるリーダーの地位を示しました。シンタビアの成長と共に、この新しい施設でシンタビアのチーム全体と仕事ができることを楽しみにしています。」

シンタビアの新しい施設には、2500万ドルを超える先進製造装置が収容されています。これには、中規模および大規模の金属プリンター、EDM、後処理機、湿式ブース、多数の炉などが含まれます。建物の産業工学技術的改善として、合金ごとに分離された個別の製造室、大規模な粉体管理システム、無停電電源装置、不活性ガスファーム、最終生産受入品質管理室などがあります。

新しい施設は、数万個の部品を製造することができます。これは、年間1億ドルを超えるAM売上高に相当します。今回の施設拡大により、南フロリダには、熟練従業員ならびに支援スタッフとして130人以上の新たな雇用が創出されると見込まれています。

シンタビアについて

シンタビアは、航空宇宙・防衛産業向けの金属AMを手掛ける一社完結型の世界的なリーダー企業です。精密後処理装置、完全装備された機械的検査機器、総合的な金属・粉体研究室に加え、高速プリンターを同じ施設内に設置しているシンタビアは、高品質部品のパラメーターの最適化、連続製造、監査を実現しています。シンタビアは最高水準の品質基準を追求しており、Nadcap、AS9100、ISO17025、ANABの認定を取得しているほか、OASISおよびITARに準拠しています。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:https://www.businesswire.com/news/home/20190513005786/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Carolyn Allan, +1 954.474.7800
Director of Marketing & Strategic Sales

情報提供元:
記事名:「シンタビアが5万5000平方フィートの先進製造施設を開設