パリ--(BUSINESS WIRE)--「このたび、夫が東京拘置所内で高熱を出していることを知りましたが、11月19日以来、家族は連絡を取ることが禁じられているため、私の情報はニュース報道に限られています。日本の当局は、夫が診療所に移送されたかどうかを私たちに伝えることを拒否しており、私たちが拘置所の医療担当者と話すことさえ聞き入れられませんでした。私は日本の当局に対し、夫の健康状態に関する何らかの情報を提供するよう懇願しています。このような過酷な条件の下で不当な扱いに耐え続けるなか、夫の体調の回復が難しくなることを懸念し、とても心配しています。」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media
Devon Spurgeon
devonspurgeon@gmail.com

情報提供元:
記事名:「キャロル・ゴーンがカルロス・ゴーンの継続的拘留に関する声明を発表