シドニー--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中国のミレニアル世代のハートと精神(そして財布)へのバトルはすでに始まっています。未来学者のロッキー・スコペリッティは、最近出版されたばかりの著書「Youthquake 4.0 - A Whole Generation and The New Industrial Revolution」の中で次のように述べています。「中国のミレニアル世代の経済的豊かさは平均的な中国の成人を16%超え、急上昇しています。」


スコペリッティはさらに次のように述べています。「ミレニアル世代が支配する世界の富の割合は、アジア太平洋地域では45%に達し、アメリカを22%、欧州・中東・アフリカを14%上回りました。2020年までにこれは、35.3兆米ドル1に倍増するでしょう。これと比較して、2020年までに米国のGDPは22兆ドル、ユーロ圏は13兆ドルにしかならない見込みです。中国のミレニアル世代はアジアで初めて最重要人口集団となり、侮ることのできない経済的な力になると考えられます。」

スコペリッティは、21世紀は地球上で最大の人口集団となったミレニアル世代(その58%がアジア太平洋に在住)によって形成されると説明しています。消費者、従業員、投資家としてのその影響力は、今後増加する一方です。

マーシャル・キャベンディッシュから世界的に出版された世界初のこの本は、ミレニアル世代の影響と第4次産業革命の影響を受けた現代のグローバル問題を分析しています。

スコペリッティはさらに次のように述べています。「アジアは第3次産業革命の「工場」となり、世界の経済・技術開発の変化に適応しました。そして、変化する世界の経済・技術開発に適応して継続的に比較優位を作り出す能力を証明しました。アジアは、世界最大のベンチャー・キャピタル市場として米国を凌駕する勢いであり、2017年には米国の719億米ドル2に対し、708億米ドルを集めました。そして、第4次産業革命への突入では米国に先んじる流れにあります。」

人工知能、ロボット工学、モノのインターネット(IoT)、自律自動車、3D印刷、バイオテクノロジー、ナノテクノロジー、材料科学、エネルギー貯蔵、ブロックチェーン、量子コンピューティングの分野における新たなテクノロジーの躍進への投資が、アジアの世紀の基盤を築きつつあります。

世界的に著名な未来学者として、フォーチュン100企業を含む150以上の取締役会や経営陣が、毎年スコペリッティの戦略的アドバイスを求めています。

1 ボストンコンサルティンググループ(2016) 「Global Wealth Market Sizing Database」
2 プライスウォーターハウスクーパースおよびCBインサイツ 「2017 MoneyTree」

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

For more information see: www.Youthquake4.com
Rocky Scopelliti
Email: RockyS@Youthquake4.com
Mobile: +61410447998
LinkedIn: Rocky Scopelliti
Twitter: @Rocky Scopelliti

情報提供元:
記事名:「中国の若者の財布がターゲットに:9兆米ドルのデジタル・ユースクエイク