オプティカル業界向けのITソリューションが登場、スタイリッシュなメガネブランドが勢ぞろい

香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アジア最大級の規模を誇る香港オプティカルフェアが2018年11月7~9日に香港会議展覧中心で開催されます。香港貿易発展局(HKTDC)が主催する香港オプティカルフェアは今年第26回を迎え、アルゼンチンの新規出店者を含め、20以上の国・地域から過去最高の800を超える出展者が参加します。最新の技術・製品の紹介を目的に、新たに「ITソリューション&ショップ・フィッティング」エリアが設けられます。



無料入場eバッジの登録はこちらからお願いします:www.hktdc.com/wap/optical/K159

国境を越えたビジネス・チャンスを提供する国際見本市

今年のフェアでは、フランス、イタリア、日本、韓国、台湾、イタリアのビジョナリー・オブ・スタイルおよび香港中華眼鏡製造廠商会(HKOMA)によるグループ・パビリオンが開設されます。昨年のフェアには、106の国・地域から1万6000人を超えるバイヤーが来場しました。

ブランド・ネーム・ギャラリーに220を超えるグローバル・ブランドが集結

注目のブランド・ネーム・ギャラリーには、世界の220を超える著名ブランドが出展します。新たに出展するブランドは、シャルマン、ダニエル クライン、GEORGESBAND、Oscar Eide、ウィリアムモリスなどです。このほか、999.9、ブランク アンド エクレア、クラシコ、エトニアバルセロナ、HACHill、ic! berlinといった著名ブランドが参加します。

香港のクリエイティブ・ブランドであるBIG HORNは、スーパーヒーロー映画「ジャスティス・リーグ」とのコラボにより、限定クロスオーバー・コレクションを発表しました。BIG HORNのブランド・デザイナーが、この映画の登場人物に基づいて6種類のスタイリッシュなサングラスをデザインしました。

新製品エリアでは最新技術・機器を紹介

今年のフェアでは、約10社の出展者が参加する「ITソリューション&ショップ・フィッティング」エリアが開設されます。香港の出展者の3DNAアイウェアは、メガネの購入を双方向の体験に変えるユニークなリテールテックとカスタマイズされたアイウエア・プラットフォームを立ち上げました。これにより、メガネ小売店は顔認識装置を使って顧客にぴったりフィットするメガネを選ぶことができます。また、顧客は3Dプリント技術を使って自分専用のフレームを作ることができます。

コンタクトレンズ市場の巨大な潜在性

膨大な需要に鑑み、「コンタクトレンズ&アクセサリー」エリアは、HKCECの2階メザニンに移動します。

付加価値

フェア期間中に、第16回香港オプトメトリック・カンファレンスが開催され、プライマリーケアにおける現代の検眼士の役割をテーマとして国際的専門家による討論会が行われます。また、香港アイウエア・デザイン・コンペティションの受賞作品が展示されます。さらに、様々なセミナーでは、市場分析や今後のトレンドに関する最新の情報が紹介されます。

商品写真のダウンロード:https://bit.ly/2P54tQu

ウェブサイト

香港オプティカルフェア:www.hktdc.com/hkopticalfair

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Enquiries
HKTDC's Exhibitions Department
Sum Luk
Tel: (852) 2240 4048
Email: cs.luk@hktdc.org

情報提供元:
記事名:「a香港オプティカルフェアが11月に開幕