サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、ルクセンブルク市の税務事務所のB.A.タックス・アカウンタンツを迎え、欧州の拠点を拡大したことを発表しました。同事務所との協力合意の締結により、アンダーセン・グローバルの欧州での基盤が拡大しました。マネジングディレクターのマイケル・プロプストがB.A.タックス・アカウンタンツを統率しています。


グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「B.A.タックス・アカウンタンツの専門家は、当組織の国際的な能力に新たな側面を提供するとともに、ドイツならびに他のEU諸国との比類ないつながりをもたらします。ルクセンブルクは税務サービスの重要な市場であり、今回新たに加わったチームにより、業界最高水準の国際的なサービスを提供する当組織の力が強化されることになります。」

B.A.タックス・アカウンタンツは、税務計画、タックス・ストラクチャリング、M&A、清算、リストラクチャリングを含むあらゆる税務関係のサービスを提供しています。個人税、VAT、法人税のほか、移転価格、相続計画、ルクセンブルクの企業向けの会計および管理面での支援サービスといった専門的な案件は、ルクセンブルクの統合チームが担当します。

B.A.タックス・アカウンタンツはルクセンブルクのアンダーセン・タックスのチームと以前から関係があり、今後、クライアント・サポートを提供します。また、マイケル・プロプストはルクセンブルクのアンダーセン・タックスのオフィス・マネジングディレクターに就任します。

プロプストは、次のように述べています。「以前から当事務所はアンダーセン・グローバルの提携事務所の多くのパートナーと関係を持っており、今回の協力関係の締結は、当事務所のクライアントと従業員に付加価値をもたらすことになります。私たちは、受託責任、透明性、高度なテーラーメイドの税務・会計サービスの提供を重視しています。私たちと同じ原則を共有する組織と協働していくことを大変うれしく思います。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家で構成される法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、世界に3000人を超える専門家を擁し、提携事務所と協力事務所を通して世界に104カ所以上の拠点を有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Andersen Tax
Shereen Ameri, 650-289-5742

情報提供元:
記事名:「アンダーセン・グローバルがルクセンブルクのB.A.タックス・アカウンタンツを迎える