過去のコンテスト参加者は賞金なしでもルナー・プライズ・コンテストを支援、Xプライズ財団は新たな賞金提供スポンサーを募集

ロサンゼルス--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- Xプライズは本日、月面着陸に焦点を当てたコンテストを再び開始して、ルナーXプライズのミッションを継続する計画を発表しました。


ルナーXプライズは本日付で、賞金なしのコンテストとして運営します。Xプライズは今から数カ月間に、企業が賞を競うための新たな諸条件を定めます。

さらにXプライズは本日より、過去10年間ルナーXプライズ・コンテストを支援してきたグーグルの後継となる新しいタイトル・スポンサーを募集します。

Xプライズ創立者で執行会長のピーター・H・ディアマンディス博士は、次のように述べています。「グーグルが2007年9月から2018年3月31日まで、賞金3000万ドルのグーグル・ルナーXプライズに資金を提供してくださったことに、この上なく感謝しています。そのコンテストは終了しましたが、打ち上げ契約を持つ少なくとも5つのチームが、今から2年以内に月面に着陸したいと考えています。この驚異的な進歩と近々実現する可能性を考慮して、Xプライズは自社のロゴをこれらのチームと月面に表示したい、先見性に富んだ次のタイトル・スポンサーを募集することにしました。」

Xプライズのプライズ担当シニアディレクターを務めるチャンダ・ゴンザレスマウラーは、次のように述べています。「グーグル・ルナーXプライズのチームは過去10年間に、企業の後援、政府との契約、ベンチャーキャピタルを通じて、3億ドル以上の資金を調達しました。これらの宇宙分野の起業家は、月面輸送を取り巻く長期的なビジネスモデルを開発中のため、それを今になって中断することはできません。これらの企業の1社が近い将来、月面着陸に成功すると確信しており、この新たな宇宙レースの次章に大きな期待を寄せています。」

グーグル・ルナーXプライズの多数の主要チームから、賞金の有無にかかわらず、コンテストを継続してほしいという支援の声が、Xプライズに多数寄せられました。

  • ムーン・エクスプレスの設立者で最高経営責任者(CEO)のボブ・リチャーズ氏は、次のように述べています。「Xプライズがタイトル・スポンサーの有無に関わらずルナーXプライズを継続するという決断に、称賛の意を表します。私たちは月面着陸レースで優勝し、ルナーXプライズのロゴ表示を目指す一方、真の機会は月面というフロンティアと、それに続く数十億ドル規模の業界を開拓することにあると考えています。」
  • HAKUTOを運営するispaceの設立者で最高経営責任者(CEO)の袴田武史氏は、次のように語っています。「前回のグーグル・ルナーXプライズでは、民間宇宙産業を新たな次元に引き上げる上で、レースというコンセプトが必要なことを世界に示すことができました。宇宙に対する一般の関心を高め、普段宇宙分野に関与していない企業が、活動を起こすきっかけになりました。新しいコンテストによって、私たちの業界をさらなる高みへと押し上げることができると信じていますので、新たなルナーXプライズは大歓迎です。」
  • TeamIndusの設立者で最高経営責任者(CEO)のRahul Narayan氏は、次のように語っています。「グーグル・ルナーXプライズは新たな人々、パートナー、資金を巻き込む初期段階の触媒として、素晴らしい役割を果たしました。宇宙分野の複数の大規模な政府機関が、地球軌道の外への探査に再び関心を寄せているため、ルナーXプライズは理想的なタイミングで提供するプラットフォームとなり、成功する打ち上げの数も以前より増えるでしょう。」

ルナーXプライズの新しいタイトル・スポンサーは、受賞者のために1つ以上の賞金を用意することが求められます。タイトル・スポンサーはコンテストで、また着陸に成功した暁には月面で、自社の社名とブランドを表示することができます。タイトル・スポンサーになるための詳細については、xprize.org/lunarxprizeをご覧いただくか、sponsorship@xprize.orgまでメールでお問い合わせください。

Xプライズについて

Xプライズは、第501(c)3条非営利団体であり、世界の最重要課題の解決に向けた革新的コンテストモデルの考案・実施における世界的リーダーです。Xプライズはゲームやクラウドソーシング、報奨的賞理論、指数関数的に発展する技術を独自に組み合わせて定式化し、私たちの世界が直面する大問題の分野に(10%ではなく)10倍のインパクトを与えようとしています。Xプライズの理念では、適切な状況下で行う限り、大問題に対する指数関数的なインパクトとソリューションの推進には、多種多様な観点からの迅速な試行を促すことが、最も効率的で効果的な方法です。現在実施中のコンテストには、ルーナーXプライズ、賞金2000万ドルのNRG COSIAカーボンXプライズ、賞金1500万ドルのグローバル・ラーニングXプライズ、賞金1000万ドルのANAアバターXプライズ、賞金700万ドルのシェル・オーシャン・ディスカバリーXプライズ、賞金700万ドルのバーバラ・ブッシュ財団アダルト・リテラシーXプライズ、賞金500万ドルのIBMワトソンAI Xプライズ、賞金175万ドルのウオーター・アバンダンスXプライズ、賞金100万ドルのアヌ&ナヴィーン・ジャイン・ウィメンズ・セーフティーXプライズがあります。詳細情報については、www.xprize.orgをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

XPRIZE Media Contact:
Katherine Schelbert, 424.835.3127
katherine.schelbert@xprize.org

情報提供元:
記事名:「XプライズがルナーXプライズ・ミッションを継続する計画