米アリゾナ州スコッツデール--(BUSINESS WIRE)---- (ビジネスワイヤ) -- ULTRAプラットフォームをベースとするレーザーシステムは、製造や研究開発、学術研究、試作品製作の環境における精密レーザーカット、レーザーアブレーション、レーザー表面改質のために設計されており、これらの用途に最適です。このシリーズの主な特長としては、高速・高精度のレーザービームポジショニング、そして9.3µmおよび10.6 µmの炭酸ガスレーザーおよび1.06 µmのファイバーレーザーを使用できる柔軟な構成があります。すべてのレーザーは空冷式で、出力範囲は炭酸ガスレーザーが10~150ワット、ファイバーレーザーが40~50ワットです。



このスマートニュースリリースにはマルチメディアが含まれています。リリース全文は下記でご覧ください。

波長や出力範囲が広いことから、ULTRAプラットフォームは有機材料加工の分野で非常に効果的です。例えば、プラスチックフィルム、産業用繊維、エンジニアリングプラスチック、ラミネート接着剤、複合材料に加え、宇宙航空、自動車、電子機器、医療機器、バッテリー製造で使用されるその他多くの材料の加工に効果を発揮します。

ULTRAシリーズの主な特長には、マルチウェーブ(MultiWave)およびマルチウェーブ・ハイブリッド(MultiWave Hybrid™)の加工機能、オートフォーカスによる高精度フォーカス、調整可能なレーザー出力密度、オートメーションインターフェース、カメラレジストレーション、一体型のタッチスクリーン式ユーザーインターフェース、発火検知/消火機能があります。

ULTRA 9MWプラットフォームはマルチウェーブ処理で薄い材料を加工でき、レーザー光源は互いに交換可能な炭酸ガスレーザーまたはファイバーレーザーに対応します。

材料加工のための究極的な柔軟性を求める場合には、ULTRA 9MWHがマルチウェーブ・ハイブリッド技術を搭載し、最も広範な適合材料を加工できます。この独自技術は、最大3種類の波長(9.3 µm、10.6 µm、1.06 µm)のレーザー出力を1本の同軸ビームにまとめた混成ビームを使用します。混成ビームの各スペクトル成分は独立に制御され、リアルタイムで変調することができます。

この技術の詳細については、https://www.ulsinc.com/ja/products/platforms/ultra-9mwhttps://www.ulsinc.com/ja/products/platforms/ultra-9mwhをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Universal Laser Systems, Inc.
James Rabideau, 480-483-1214
jrabideau@ulsinc.com
www.ulsinc.com

情報提供元:
記事名:「ユニバーサルレーザーシステムズがULTRAプラットフォームシリーズによりレーザー材料加工システムのポートフォリオを拡大