英国のTIPコミュニティー・ラボで、クラウドRANとフロントホール伝送の恩恵を探る

米テキサス州リチャードソン & スペイン・バルセロナ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ADVA、BT、マベニールは、英国イプスウィッチのアダストラル・パークにあるBTラボを拠点とする英国のテレコム・インフラ・プロジェクト(TIP)のコミュニティー・ラボで、多数の研究プロジェクトにおいて協業すると発表しました。


TIPは通信事業者、サプライヤー、開発者、インテグレーター、新興企業が推進するエンジニアリングに重点をおいた取り組みで、ネットワークインフラの導入における従来手法を見直すことを目指しています。

ADVA、BT、マベニールはBTラボで、非理想的なフロントホールのインフラを使ってクラウドRAN(vRAN)のメリットについて試験と検証を行い、将来のモバイルネットワーク導入における革新を促進します。これまで拒絶されてきたフロントホール技術を再検討することで、将来のネットワーク導入コストを飛躍的に削減できるソリューションの調査と試験を行います。

現在、ベースバンドコントロールユニット(BBU)とリモートラジオユニット(RRU)間のフロントホールは、専有的なCPRI(Common Public Radio Interface)仕様を取り入れた光ファイバーベースの伝送媒体を使うのが一般的です。このインターフェースは革新の足かせとなり、イーサネットやマイクロ波によるポイントツーポイント接続など、低コストの導入技術の使用を妨げてきました。ファイバーが高額過ぎたり、入手が困難だったりする世界中の多くの場所で、通信事業者はvRAN技術を導入できないでいます。このプロジェクトは、わずか10分の1の帯域幅しか使用せず、高遅延に対応可能なフロントホールのインターフェースを評価することで、銅線によるイーサネット接続やポイントツーポイントのマイクロ波接続を可能にし、現状打破を目指します。

この取り組みは、マベニールとADVAの技術を統合したエンドツーエンドのvRANシステムの導入が完了し、試験段階を迎えたところです。

BTの主任研究者であるリチャード・マッケンジー氏は、次のように述べています。「アダストラル・パークにある当社のTIP専用ラボで、多数のパートナー企業と協業できるのは素晴らしいことです。当社がこれまで行ってきたクラウドRANとフロントホールに関する研究によると、CAT 5接続を行うイーサネット媒体は、CPRI仕様のインターフェースと比べて、10分の1の帯域幅しか使わないという結果が出ています。」

「このプロジェクトは、商用既製品(COTS)のホワイトボックスのプラットフォーム上で動作するマベニールの仮想BBUに接続した複数のRRUサプライヤーを混在可能であることも実証します。この試験と、複数サプライヤーの組み合わせにより、現在のエコシステムを本当の意味で変革できることを証明します。」

マベニールのアクセスビジネス開発担当シニアバイスプレジデントを務めるジョン・ベーカーは、次のように語っています。「TIPが提供する課題に取り組むのが楽しみです。また、当社はほかのTIPコミュニティーラボで、オープン・インターフェース・クラウドRANの導入を続けており、こうした取り組みを支援できることをうれしく思います。クラウドRANで光ファイバー以外のソリューションを使用すれば、通信事業者は設備投資と運営経費の両方を37%以上削減できます。」

ADVAのアンサンブル事業部門担当ゼネラルマネジャーのジェイムズ・ブキャナン氏は、次のように述べています。「ADVAは、未来のモバイルネットワークを構築する上で、RAN仮想化が重要な構成要素の1つであると強く確信しています。当社がTIPのvRANフロントホールプロジェクトを前進させることに力を入れているのはそのためです。本プロジェクトでは、当社のアンサンブル・コネクターを使い、ホワイトボックス製品でvRANを簡単にホスティングできることを示します。実際のところ、今月モバイル・ワールド・コングレス(バルセロナ)の当社ブースで、そのソリューションを紹介します。当社はバルセロナで、vRANの商用化に至る道筋の第1歩を踏み出すことになります。その次に、同期やOAMなど、伝送とキャリアイーサネットネットワークの基盤となる要件を明確に定義します。これらについては、BT、マベニール、そしてTIP vRANフロントホールプロジェクトグループのその他のパートナー企業と顕密に協力します。」

ADVAオプティカル・ネットワーキングについて

ADVAオプティカル・ネットワーキングは革新を礎石に設立され、お客さまの成功を支援することに傾注しています。当社の技術は20年以上にわたり、世界中のネットワークで利用されてきました。当社は絶えず、ネットワーキング業界をリードして新たなビジネス機会を生み出す画期的なハードウエアとソフトウエアの開発に取り組んでいます。これらのオープンな接続ソリューションにより、当社のお客さまが、現代社会と新しい明日の想像に不可欠なクラウド・サービスとモバイル・サービスを提供できるようにしています。当社はお客さまと共に、真に接続された持続可能な未来を築いています。詳細情報については、www.advaoptical.comをご覧ください。

BTについて

BTはコミュニケーションが持つ力で、より良い世界を築くことを目指しています。当社は、コミュニケーション・サービスおよびソリューションを180カ国のお客さまに提供する世界的な一流企業です。主な事業は、ネットワークITサービスの世界的な提供、家庭、職場、移動中で利用可能な市内・国内・国際通信サービス、ブロードバンド/テレビ/インターネット関連の製品およびサービス、固定通信とモバイル通信を融合した製品およびサービスなどです。BTは、消費者、EE、企業および公共部門、グローバル・サービス、ホールセールおよびベンチャー、オープンリーチの6部門で顧客に対応しています。

2017年3月31日締めのBTグループの年間売上高は240億6200万ポンド、税引前利益は23億5400万ポンドでした。

ブリティッシュ・テレコミュニケーションズ(BT)は、BTグループの完全所有子会社で、BTグループのほぼすべての事業部門と資産を管理しています。BTグループは、ロンドンおよびニューヨークの証券取引所に上場しています。詳しい情報については、www.btplc.comをご覧ください。

TIPについて

2016年に設立されたテレコム・インフラ・プロジェクト(TIP)は、通信事業者、サプライヤー、開発者、インテグレーター、新興企業が推進するエンジニアリングに重点を置いた取り組みで、従来のネットワーク導入に対するアプローチを解体することを目指しています。当コミュニティーは共通の目標として、新技術の共同開発、新しいビジネスアプローチの検討、電気通信分野への新たな投資の促進を掲げています。

マベニールについて:

マベニールは通信サービスプロバイダー(CSP)のためのモバイルネットワーク経済のあり方を変革することに専心しています。当社のソリューションは 100%ソフトウエアベースのエンドツーエンドのクラウドネイティブネットワークソリューションによって5Gへの道を開きます。マベニールはVoLTE、 VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、vEPC、クラウドRANにおいて他社に先駆けて達成した業界有数の成果を活用しながら、 130カ国以上のCSP顧客250社以上を対象にネットワーク変革を推進しており、世界の加入者の50%以上に貢献しています。

当社は俊敏性・柔軟性・迅速性を促進するための破壊的で革新的な技術アーキテクチャーとビジネスモデルを取り入れています。NFVの発展を促進してウェブ スケールの経済を達成するソリューションにより、マベニールは収益確保・経費削減・収益保護のソリューションをCSPに提供します。Mavenir.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

for Mavenir
Media Contacts:
Maryvonne Tubb
pr@mavenir.com
or
Loren Guertin
mavenir@matternow.com
or
Hannah Locke
mavenir@hotwirePR.com

情報提供元:
記事名:「ADVA、BT、マベニールがテレコム・インフラ・プロジェクトの一環としてクラウドRAN技術で協業