仏コロンブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 北米第4位のモバイルネットワーク事業者であるスプリントは、拡張された本人確認技術の世界的リーダー企業アイデミアを選定しました。スプリントは、アイデミアのサブスクリプション管理のためのホスト型リモートSIMプロビジョニング(RSP)ソリューションを消費者向け機器に提供します。



このプラットフォームにより、モバイルネットワーク事業者は認証とアクティベーションのクレデンシャルを最終顧客とその消費者向け機器に「オンデマンド」の無線管理で提供することができます。このソリューションは今後のMNO業界を具現化するものであり、取り外し可能で事前プログラムされた従来のSIMから、プログラムをリモート受信できる組み込みSIMへという発展を生かした初のソリューションです。

この包括的なソリューションは最善の効率性・セキュリティー・透過性を備えた技術であり、モバイル通信事業者の接続ニーズに応えるとともにエンドユーザーにスムーズな体験を提供します。

2014年からスプリントのパートナーとなって以来、アイデミアはGSMA標準の膨大な知識と直接的体験を生かし、消費者向け機器に関する今日の標準と進展を見せる市場に対応したソリューションを同社に提供してきました。

アイデミアのモバイル事業者部門担当エグゼクティブバイスプレジデントを務めるFabien Jautardは、次のように語っています。「現在は当業界の発展において非常に刺激的な時期であり、大変名誉なことにスプリントが当社を選定し、消費者のためにセキュアな接続と利便性を実現する当社のサブスクリプションマネジャーを提供することになりました。当社の意欲的な目標は、デジタル進化を促進して、当社の顧客がセキュアなデバイス認証とアクティベーションを行えるよう、今後に向けての橋渡しをすることです。」

スプリントの製品開発&エンジニアリング担当バイスプレジデントであるライアン・サリバン氏は、次のように語っています。「アイデミアとの提携を拡大して、今後の消費者向け機器のセキュリティー確保とアクティベーションを実現することで、スプリントが消費者から選ばれるネットワークとなることに感激しています。アイデミアは今回も同社が業界のリーダー企業であることを実証しており、スプリントはeSIMサブスクリプション管理ソリューションを提供するビジネスパートナーとしての同社の知識や経験を評価しています。」

アイデミアについて

OT-モルフォは、アイデミアという名称になりました。アイデミアは、ますますデジタル化される世界に対応するための拡張された本人確認技術の世界的リーダーとして、接続された環境で可能になった方法で市民と消費者が交流、支払い、接続、旅行、投票ができるよう支援するという野心を持っています。

私たちが暮らす現在の世界では、私たちの本人確認情報のセキュリティーを確保することが必要不可欠となっています。拡張された本人確認を支持する立場に立ちながら、当社は個人が対象かモノが対象かを問わず、この資産を思考、生産、使用、保護する方法のあり方を塗り替えます。当社は金融、通信、本人確認、公共のセキュリティー、IoTの分野の国際的顧客を対象に、プライバシーと信頼を確保するとともに、認証されセキュアで検証可能なトランザクションを保証します。

アイデミアはOT(オベルチュール・テクノロジーズ)とサフラン・アイデンティティー・アンド・セキュリティー(モルフォ)が合併して生まれました。売上高が30億ユーロ近くに上り、世界で1万4000人の従業員を擁するアイデミアは、180カ国の顧客にサービスを提供しています。

詳細については、www.idemia.comをご覧ください。ツイッターで @IdemiaGroupをフォローしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

IDEMIA
Press:
Havas Paris PR Agency
Hanna Sebah, +33 6 63 73 30 30
idemia@havas.com

情報提供元:
記事名:「アイデミアが北米でスプリントにeSimサブスクリプション管理プラットフォームを提供