カタール・ドーハ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 中東・アフリカ地域最大の金融機関であるQNBグループは、35億米ドルの期間3年の上位無担保融資枠のシンジケーションが完了したと発表しました。今回のシンジケーションは21行の国際銀行の参加を得ており、市場の旺盛な需要を反映して規模が拡大されました。この新規融資枠は、一般的な事業目的に利用されます。



今回のシンジケーションは、バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ・インターナショナル・リミテッド(BAML)、三菱東京UFJ銀行、バークレイズ銀行、ドイツ銀行ロンドン支店、インテーザ・サンパオロQFC支店、みずほ銀行、スタンダードチャータード銀行、三井住友銀行、ユナイテッド・オーバーシーズ・バンク・リミテッドの9行の引受メンバーにより全額引き受けられました。BAMLがドキュメンテーション・コーディネーター、みずほ銀行がシンジケーション・コーディネーターおよびファシリティー・エージェントに任命されました。

またQNBグループは、上記の新たな融資枠の設定に先立ち、既存の30億米ドルのシンジケートローンを全額返済したことを発表しました。

QNBグループのアリ・アルクワリ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「QNBグループは、当グループとの協力関係を維持することを望む有力グローバル銀行からの旺盛な需要を反映して、今回の借り換えと既存のシンジケートローン融資枠の拡大が完了したことを大変うれしく思います。同時にこれは、特に先日発表された当グループの2017年度の業績が良好だったこともあり、当グループの戦略と優れた財務力に対して投資家が信認を寄せていることを反映しています。」

QNBについて

カタール・ナショナル銀行(Q.P.S.C.)(QNBグループ)は1964年に設立されたカタール初の国内資本による商業銀行で、カタール投資庁(50%)と一般国民(50%)により保有されています。QNBグループは順調に成長を遂げ、現在ではカタール最大の銀行および中東・アフリカ地域最大の金融機関となっています。子会社と関連会社を通じてQNBグループの拠点は世界の3つの大陸、31カ国以上に広がっており、高度で総合的な商品とサービスを提供しています。およそ2万8200人の従業員が1230カ所以上の拠点で業務に従事しており、ATMネットワークの端末設置台数は4300台を超えます。QNBグループは中東地域で最も格付けの高い銀行の1つであり、スタンダード&プアーズ、ムーディーズ、フィッチからそれぞれA、Aa3、A+の長期債格付けを取得しています。

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

QNB Group
Yousef Jassim Fakhroo, +97444975770
pr@qnb.com

情報提供元:
記事名:「QNBグループ、35億米ドルの期間3年上位無担保融資枠のシンジケーションの完了を発表