世界最大のセールの日である11月11日に先立ち、Tモールの2017年「See-Now Buy-Now」ファッションショーで米国デザイナーを紹介

ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アリババグループ(阿里巴巴集団)(NYSE:BABA)が運営するブランドおよび小売企業のための中国最大規模の消費者プラットフォームのTモール(天猫)は、ニューヨーク・ファッションウィーク(NYFW):ザ・ショーズの公式パートナーとなったことを発表しました。サンチ(迅馳時尚)との協力により、アリババの規模と技術を活用し、中国市場に初進出する米国のデザイナーとブランドを支援します。

アリババは提携の一環として、10月に開催されるTモールの2017年「See-Now Buy-Now」(いま見て、いま買う)ファッションショーで紹介するNYFWのデザイナーを選抜しました。2年目となるSee-Now Buy-Nowは、世界最大のセールの日であるアリババの「11.11グローバル・ショッピング・フェスティバル(双11全球狂歓祭)」の直前に行われる世界的なファッションイベントです。昨年、アリババは50以上の世界的ブランドを紹介したこのイベントをライブ配信し、視聴者数は700万人に達しました。オープニング・セレモニーやロバート・ゲラーなどの有名米国デザイナーは、アリババと協力することで、アリババのプラットフォームを訪れる5億人以上の消費者の目に触れる初めての機会を得ることができます。

今回のパートナーシップでは米国と中国の異文化間の交流を促す取り組みの一環として、2018年9月の「NYFW:ザ・ショーズ」の期間中、Tモールの2017年「See-Now Buy-Now」ファッションショーから選ばれた中国の有力デザイナーを紹介するユニークなイベント「NYFW:チャイナ・デー」も行います。

アリババグループ社長のマイケル・エバンズは、次のように述べています。「NYFW:ザ・ショーズを支援し、米国のブランドと小売企業に成長著しい中国の消費者層へ訴求する手段を提供できることをうれしく思います。アリババの規模、技術、消費者の詳細な理解により、ブランドとデザイナーに世界最大の市場の消費者と新しい画期的な方法でつながりを築く絶好の機会をもたらします。」

オープニング・セレモニー創業者のハンバート・リオンとキャロル・リムは、次のように述べています。「オープニング・セレモニーを15年前に立ち上げたのは、香港への旅がきっかけでした。中国にルーツを持つ私たちにとって、アリババのように絶大な影響力を誇る企業と提携できるのは大きな喜びです。私たちのストーリーを伝え、ブランドの世界的展開を拡大できると期待しています。」

デザイナーのロバート・ゲラーは、次のように述べています。「中国でブランド認知を高め、アリババの革新技術を活用して市場に合わせたショッピング体験をお届けできることをうれしく思います。拡大を続ける中国の消費者層に、当ブランドをもっと手の届きやすい存在にすることは、ブランドの世界的拡大にとって重要な意味を持ちます。」

アリババグループについて

アリババグループの使命は、どこでもビジネスが簡単にできるようにすることです。アリババグループは、未来の商取引のインフラの構築を目指しています。お客さまがアリババで出会い、働き、生活すること、そして少なくとも102年存続する会社となることを目標にしています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Alibaba Group
Sharon Chan, +1 415-361-8219
sharon.chan@alibaba-inc.com

情報提供元:
記事名:「アリババグループのTモールがニューヨーク・ファッションウィーク:ザ・ショーズを支援