サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、税務・法律事務所のブランコ・コンサルトレスとの協力合意書の締結により、ブラジルのリオデジャネイロに新たな拠点を築いたことを発表します。ブランコ・コンサルトレスが加わったことは、アンダーセンの中南米における拠点が拡大し続けていることの証しです。アンダーセン・グローバルは、2015年8月に提携事務所となったブラジルのアンダーセン・タックスを通じてすでにサンパウロとカンピナスに拠点を設けています。


ブランコ・コンサルトレスの指揮を執るのは、2001年に同事務所を設立したルーベンス・ブランコです。ブランコは、次のように述べています。「私たちは世界中のクライアントにシームレスなソリューションを提供することを目標としており、アンダーセン・グローバルとの協力関係の確立を通じて、ますます国際化し、複雑化するクライアントのニーズに的確に応えることができるようになります。さらに、私たちにとって、クライアントのための最も信頼できるリソースとなること以上に重要なことはありません。私たちと同じように、アンダーセン・グローバルは傑出した業界最高水準のサービスの提供に注力しています。」

ブランコ・コンサルトレスは、税務計画、各種交渉、国際業務、企業再編、タックスレビュー、移転価格を含む税務、法務および会計サービスをブラジル国内および世界の企業と個人に提供しています。

アンダーセン・タックスのマーク・フォアザッツ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ブランコは、アーサー・アンダーセンの中南米初の税務パートナーの1人であり、リオデジャネイロにおいて数十年間にわたって優れた税務サービスを提供してきました。また、ブランコが真のビジネスリーダーであることは、同事務所のパートナーである息子のダニエル・ブランコを見れば明らかです。」

アンダーセン・グローバルは世界に2000人を超える専門家を擁し、提携事務所と協力事務所を通して70の拠点で事業を展開しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Andersen Tax
Megan Tsuei, 415-764-2700

情報提供元:
記事名:「アンダーセン・グローバルがブランコ・コンサルトレスを通じてブラジル拠点を拡大