タイ最大のショッピングモール所有者がマレーシアのセントラルi-Cityで統合型不動産管理プラットフォームを使用


シンガポール--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- タイのショッピングモール所有者・運営会社のCPNは、マレーシアのシャーアラムにオープンするi-Cityショッピングセンターの管理に、クラウドベースでモバイル対応の不動産管理・会計プラットフォームであるヤーディ・ボイジャー7S(Yardi Voyager® 7S)を使用します。i-CityはCPNにとって海外で初めての地域ショッピングセンターです。

CPNの最高執行責任者(COO)のAnthony Dylanは、このように述べています。「ボイジャーのプラットフォームは、当社の新施設であるセントラルi-Cityを立ち上げるために最適なツールです。物件管理、経理、メンテナンス、その他の業務を単一のプラットフォームで行うことができるため、27万8000平方メートルもの空間を管理する上で最も効率の高いソリューションです。」

セントラルi-Cityは、2018年のオープンが予定されています。

ヤーディの国際担当バイスプレジデントのNeal Gemassmerは、このように述べています。「ボイジャーは、期待の持てるマレーシアの新たな機会を通じて国際的拡大を果たすCPNを讃えたいと思います。リース前の業務をスムーズに進め、新たな物件の開業プロセスを管理するためのプラットフォームを提供することができ、うれしく思います。」

世界の小売店舗所有者と管理会社のために完全なビジネス・ソリューションを提供できるヤーディ・ボイジャーの機能について、さらにご覧ください。

CPNについて

1980年に創業したCPNはバンコクに拠点を置き、30カ所のプレミアム・ショッピングセンター、7カ所のオフィスビル、2カ所のホテル、1カ所の住宅コンドミニアムを所有・運営しています。物件の総床面積は、合計で600万平方メートルを超え、最も近い競合会社の2倍以上の規模となっています。詳細情報については、cpn.co.thをご覧ください。

ヤーディについて

ヤーディは、あらゆる種類と規模の不動産企業向けに、業界有数の投資・物件管理ソフトウエアを開発し、サポートしています。1984年に設立されたヤーディは米国カリフォルニア州サンタバーバラに本拠を置いており、オーストラリア、アジア、中東、欧州、北米のオフィスを通じて世界各地の顧客にサービスを提供しています。詳しい情報については、yardi.com/asiaをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Yardi Systems Inc.
Nina Kaszina, +61 (2) 8227 2267
Nina.kaszina@yardi.com

情報提供元:
記事名:「CPNが同社初の海外地域ショッピングセンターにヤーディ・ボイジャーを選定