イスラエルのセンターが5Gイノベーションを推進

イスラエル・テルアビブ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- サービスプロバイダーのためのネットワーク変革の促進とそのあり方の刷新をリードするマベニールは本日、研究開発と5Gイノベーションのための新たな卓越拠点をイスラエルのラーナナに開設したと発表しました。この卓越拠点は5Gネットワーク/サービスのソリューションに打ち込んでいきます。



次世代のネットワークインフラは、厳格な体感品質(QoE)(仮想現実など)、異種ネットワークにおける滞りのないモビリティー(HetNet)、超低遅延(タッチ・インターネットなど)、高い信頼性(自律走行車など)を備えたアプリケーションを支えるとともに、何十億台ものモノのインターネット(IoT)デバイスから新規の詳細情報を提供する共通のフレキシブルインフラを基盤としていきます。5Gはデータ経済の次なる発展に不可欠な無線サービスを提供していくことになります。

マベニールの社長兼最高経営責任者(CEO)を務めるパーディープ・コーリは、次のように述べています。「5Gは基本的に革新の新たな枠組みであり、マベニールは一貫して革新的で破壊的なソリューションを市場に提供すべく未来に目を向けています。イスラエルは“シリコンバレー2”として知られ、またそう言われる正当な理由もあります。イスラエルはGDPの約4.3%を研究開発に投資しており、研究開発投資の割合が世界最高となっています。」

「私たちはイスラエルの有能な人材を活用して、この刺激的で革命的な次世代ネットワークのための世界レベルの革新/研究開発ハブを確立していきたいと思います。」

マベニールは当社のエンドツーエンドの5Gポートフォリオ(NGCN、クラウドRAN、エンドツーエンドセキュリティー、オーケストレーション)まわりでクラウド中心のNFVインフラ(NFVi)に傾倒しており、オープンな開発手法とプログラミングツールを使用して、未来のネットワークの実現に取り組んでいます。ラーナナのセンターは、最近発表したブルノの卓越拠点と同様に、マベニールの音声/ビデオソリューションや高度メッセージングソリューションも手掛けていきます。

マベニールについて

マベニールはサービスプロバイダーのネットワークの転換を加速し、そのあり方を変えるリーダー企業であり、ネットワークインフラスタックのあらゆるレイヤーを対象とする包括的な製品ポートフォリオを提供しています。5Gアプリケーション/サービスレイヤーからパケットコアおよびRANに至るまで、最初からクラウド対応の進化型ネットワーキングソリューションで先頭に立ち、革新的でセキュアなエンドユーザー体験を実現させています。

業界初のVoLTE、VoWiFi、高度メッセージング(RCS)、マルチID、ビジュアルボイスメール、クラウドRANのソリューションを通じて、350社以上のCSPの加入者35憶人にサービスを提供しているマベニールのプラットフォームは、サービスプロバイダー各社の次世代ビジョンを今日において見事に実現し、新しい収益源と経営効率を達成できるようにします。www.mavenir.com

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media:
Maryvonne Tubb, +1 972-333-7282
pr@mavenir.com

情報提供元:
記事名:「マベニールが5Gネットワーク/サービスに打ち込むR & D卓越拠点を発表