ニューヨーク--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 国際法律事務所のドーシー&ホイットニーは本日、「Asialaw Dispute Resolution Awards 2017」の「Best in Banking and Finance」部門の最終候補となったことを発表しました。受賞者は、2017年9月28日に香港で発表されます。アジアローの発表内容はこちらをご覧ください。



ドーシー&ホイットニーの米国・中国部門共同責任者のラニア・サパースティーンは、次のように述べています。「『Asialaw Dispute Resolution Awards』の『Banking and Finance』部門の最終候補に残ったことを大変光栄に思います。この部門は非常に競争が激しく、そこで上位に名を連ねることができ、大変うれしく思います。」

3年目を迎えた「Asialaw Dispute Resolution Awards」は、さまざまな法務分野や法域における優れたリーダーを称えるもので、アジア関連の論争の処理に優れた強みを持つ法律事務所が選定されます。

米国・中国部門を有するドーシーは、中国のクライアントおよび銀行業界全般を対象とした紛争解決における法務サービスのリーダー的存在です。ドーシーの米国・中国部門は、米国およびグレーター・チャイナ全域に広がる当事務所の拠点の専門的知見を集約した分野横断的な組織です。サパースティーンは、次のように述べています。「当事務所の使命は、国境を越えた連携関係の確立を重視する中国および米国のクライアントに質の高いゆるぎない法務サービスを提供するトップクラスの米国・中国部門を確立することです。」

ドーシーの米国・中国部門は、中国の極めて重要で規模の大きい多数の企業に対する優れた法務サービスの提供で定評があります。Big Law Businessは、ドーシーの米国・中国部門を「注目に値する」と評しています。2016年、「China Business Law Journal」誌は、中国最大規模の保険会社数社に対するサービスを評価し、「保険および再保険-国際事務所」部門でドーシーに「2016 China Business Law Award」を授与しました。法務ブログのAbove the Lawは、ドーシーの米国・中国部門を称賛し、次のように評しています。「アジアで業務を展開する北米の企業でも、あるいは海外への投資や進出の機会をうかがうアジアの企業であっても、この法律事務所はあらゆる企業ニーズに対応してアドバイスを提供できる豊富な経験を備えています。」

ドーシー&ホイットニーについて

クライアントは1912年から、貴重なビジネスパートナーとしてドーシーに信頼を寄せてきました。米国、カナダ、欧州、アジア太平洋地域に拠点を置くドーシーは、クライアントの法務/ビジネスニーズに総合的かつ積極的なアプローチにより対応しています。ドーシーは、銀行、エネルギー、食品・アグリビジネス、ヘルスケア、鉱業・天然資源、官民プロジェクト開発の分野におけるリーダー企業を含む多様な業界で、世界で最も成功を収めている多数の企業のほか、主要非営利組織や政府機関の代理を務めています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Dorsey & Whitney LLP
Jeri Longtin-Kloss, 612-492-5315
longtin.kloss.jeri@dorsey.com

情報提供元:
記事名:「ドーシーの中国部門が「Asialaw Dispute Resolution Awards 2017」の最終候補に