画像 : https://newscast.jp/attachments/yj47uvEzuSajxc1OHAXh.jpg


個人投資家の外国為替証拠金取引(FX)の取引量が増加している。
コロナの影響による大きな相場変動が収益期待を高めていることが原因とされている。
また、在宅勤務の広がりも顧客の拡大につながっていると言う。


在宅業務の合間に相場をチェック


新型コロナウイルスの影響を受け、自営業の経営者はもちろん、サラリーマンなどの会社員も収入が減っているであろう。
少しでも多く稼ごうと、副業で「FX」をしている人が増えているようだ。
在宅勤務を始める人が急増したことも、取引増にひと役買ったという。「オフィスでは行いづらい日中取引を、業務の合間に行う余裕が生まれた」ようで、ある大手FX会社の口座開設数は「3月ほどではないが、4月も3〜4割は増えた。間違いなく在宅勤務が効いている」という。


そもそもFXって何?


画像 : https://newscast.jp/attachments/BwN8XPb0gHI0sGOiBTRo.png


「FX」を簡単に説明!!


・FXとは、他の国の通貨を買ったり売ったりして差益を狙うこと
・1ドル100円のときに買い、1ドル=120円になったら売る→「20円の利益」、
 逆に80円になってしまったら「20円の損失」
 この仕組みを利用して売買をする。
近年のトレーダーの傾向
「資金10万円未満」でトレードをしているトレーダーが大多数
→多額の資金がなくてもFXは可能
「スマートフォンのみ」でトレードしている人の方が多数派
→PCの前に張り付いていなくても、すき間時間でトレード可能


画像 : https://newscast.jp/attachments/oSakazmWhmxscOXgCQie.png


自動売買システムとは?


画像 : https://newscast.jp/attachments/4vpO4pi3S8J1pm8uZHQH.jpg


あらかじめ決めた一定の取引ルール(アルゴリズム)に従って、機械的・継続的にトレードする手法のことを「システムトレード(シストレ)」と言いますが、ツールを用いて自動で売買することを「自動売買システム」または単に「自動売買」と呼びます。
広義の意味では一定の取引ルールに沿っていれば裁量トレードもシステムトレードに当たりますが、FX業界ではシステムトレードと言えばツールを用いた自動売買システムであることが主流です。
自動売買システムの取引量は年々増加しており、世界全体で約5割を超えるとも言われています。国内市場でも初心者にも簡単に運用できる自動売買ツールが増えてきたことにより取引量を増やして来ています。




ブリッジシステム


オススメのシステムがあります。
それが【ブリッジシステム】です。
ブリッジシステムは低資金で運用でき、安全性を重視しております。
ですので
運用資金は5万円から始めることができます。
利益率はなんと月15%から20%ほどとなっているのですが(5万円運用の場合)、安全に運用するためコツコツ稼いでくれます。
期間限定で無料での提供をしておりますので、
この機会に「FX」を始めてみませんか??
気になるかたは下記リンクからお申し込みください。
お問い合わせやご質問も受け付けております。


BRIDGESYSTEM-ブリッジシステム- : https://peraichi.com/landing_pages/view/bridgesystem


情報提供元:@Press
記事名:「副業で【FX】をしている人が急増!?FXが選ばれる理由とは?