今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキル


普段の英語の学習状況


採用


社員・職員に期待するTOEIC Programの平均スコア

日本でTOEIC(R) Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)(所在地:東京都千代田区永田町、理事長:室伏貴之)は、TOEIC(R) Programを活用している企業・団体における英語教育・英語活用の実態調査とビジネスパーソンの職場での英語に対する意識についての調査を行い、その調査結果を英語活用実態調査としてまとめましたので、発表いたします。(1)企業・団体における英語の位置づけ、(2)ビジネスパーソンの英語に対する意識、(3)企業・団体におけるTOEIC(R) Programの活用について、の3部構成となっており、詳細な調査データが掲載されております。調査概要は下記のとおりです。


【調査概要】
<企業・団体調査>
調査名 :TOEIC(R) Programを活用している企業・団体における
英語教育、英語活用の実態調査
調査対象 :2017年1月~2018年8月に、TOEIC(R) Programの
公開テスト団体一括受験申込あるいは団体特別受験制度
(IP:Institutional Program、以下IPテスト)を利用した
2,442の企業・団体
調査方法 :WEB調査、質問紙郵送調査を併用
調査期間 :2018年11月~2019年2月
有効回答数:528

<ビジネスパーソン調査>
調査名 :ビジネスパーソンの職場での英語活用や、
英語に対する意識についての調査
調査対象 :日経BPが運営する「日経ビジネスオンライン」の登録者
(20~50歳代の有職者)
調査方法 :WEB調査
調査期間 :2018年12月
有効回答数:466

※割合に関する数値はすべて小数点第2位を四捨五入しました。そのため、合計が100%にならない場合がございます。
以下、調査結果の一例となります。


(1) 企業・団体における英語の位置づけ

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195642/LL_img_195642_1.jpg
今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキル

(2) ビジネスパーソンの英語に対する意識

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/195642/img_195642_2.jpg
普段の英語の学習状況


(3) 企業・団体におけるTOEIC(R) Programの活用

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/195642/img_195642_3.jpg
採用

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/195642/img_195642_4.jpg
社員・職員に期待するTOEIC Programの平均スコア

その他のデータ等、詳細はこちら
https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/katsuyo_2019/pdf/katsuyo_2019_corpo.pdf
をご確認ください。


<TOEIC(R) Program>
TOEIC(R) Listening & Reading Test、TOEIC(R) Speaking & Writing Tests、TOEIC Bridge(R) Listening & Reading Tests、TOEIC Bridge(R) Speaking & Writing Testsの総称。4テストを合わせた世界のTOEIC(R) Program受験者数は年間約700万人、160カ国で実施されている。


<TOEIC(R) Listening & Reading Test(TOEIC(R) L&R)>
日常生活やグローバルビジネスにおける活きたコミュニケーションに必要な“英語で聞く・読む能力”を測定するテスト。
テスト結果は10点から990点までのスコアで評価され、その評価の基準は常に一定に保たれる。スコアによる評価や英語能力を正確に測定できる質の高さが評価され、企業・団体においては昇進・昇格の要件として、また、社員の採用の際などに参考にされている。学校においても入試や単位認定などで広く活用されている。2018年度の日本における受験者数は245.6万人。


<TOEIC(R) Speaking & Writing Tests(TOEIC(R) S&W)>
日常生活やグローバルビジネスにおける活きたコミュニケーションに必要な“英語で話す・書く能力”を測定するテスト。
テスト開発機関であるETSの認定を受けた複数の採点者が公平に採点し、合否ではなく、0点から200点までのスコアで評価する。また、発音・イントネーション/アクセントについても3段階で評価を知ることができる。TOEIC(R) Listening & Reading Testと同様、日常生活やビジネスの場面が採用されているが、特殊なビジネス英語や特定の業界・分野の知識を必要としたり、特定の国の歴史や文化に関連する固有の事象がわからなければ解答できない問題などは含まれていない。2018年度の日本における受験者数は3.9万人。


<一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC:The Institute for International Business Communication)>
「人と企業の国際化の推進」を基本理念とし、1986年に設立。
「グローバルビジネスにおける円滑なコミュニケーションの促進」をミッションとし、国内外の関係機関と連携しながらTOEIC(R)事業およびグローバル人材開発事業を展開している。


ETS, the ETS logo, PROPELL, TOEIC and TOEIC BRIDGE are registered trademarks of Educational Testing Service, Princeton, New Jersey, U.S.A., and used in Japan under license.

情報提供元:@Press
記事名:「「英語活用実態調査2019」まとまる~企業・団体の英語の位置づけ・ビジネスパーソンの英語に対する意識等を発表~