花巻温泉にて 1957年


山頂を目指す老婆たち 1962年


羽黒山の参道 1962年


縄文土偶 1956年

岡本太郎記念館(所在地:東京都港区南青山6-1-19、館長:平野暁臣)は、2019年10月30日(水)から企画展『日本の原影』を開催します(2020年2月24日(月祝)まで)。
この展覧会は、岡本太郎が1950年代から60年代にかけて撮影した縄文、東北、沖縄の写真を一堂に会し、“岡本太郎の眼”が切り取った「ぶ厚く豊かな日本」をご覧いただくもの。日本再発見の旅をとおして「ほんとうの日本」と出会った太郎は、やがてその成果を太陽の塔をはじめ自らの芸術創作に結実させていきます。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195458/LL_img_195458_1.jpg
花巻温泉にて 1957年


岡本太郎は「日本とはなにか」を問いつづけた人でした。
日本で闘うことを決意してパリから戻った太郎は、1951年11月に運命の出会いを果たします。上野の東京国立博物館でぐうぜん眼にした縄文土器です。
獲物を追い、闘争する狩猟の民がもっていた原始のたくましさと豊かさ、ふつふつとたぎる生命力、見えない力と対話する呪術の精神……。わびさび型の日本の伝統美とは真逆の美意識を見出した太郎は、これこそが“ほんとうの日本”なのだと直観します。

それから5年あまり。日本文化の本質をさがす旅に出た太郎は、最初に訪れた東北で“呪術の心”が息づく「原始日本」と遭遇します。貧しく閉ざされた冬の東北で、原日本の片影に触れたのです。
2年後の1959年には返還前の沖縄を訪問。そこで太郎が見たものは、現代人がどこかへ押しやってしまった日本でした。清冽に生きる沖縄の人々に、日本人の、そして自分自身の根源を見たのです。嬉しかったにちがいありません。
縄文~東北~沖縄とめぐる太郎の旅は、オリジナルの日本、忘れられた日本、すなわち「ほんとうの日本」を発見する旅でした。

本展は、太郎が自ら撮影した写真を元にこの旅を追体験するものです。粛とした空間に流れるのは、ジャズベーシスト須川崇志によるオリジナル曲。岡本太郎の眼がとらえた“ぶ厚く豊かな日本”をどうぞご覧ください。

岡本太郎記念館館長 平野暁臣


■開催概要
日時 : 2019年10月30日(水)〜2020年2月24日(月祝) 10時~18時
会場 : 岡本太郎記念館(東京都港区南青山6-1-19)
アクセス : 銀座線・千代田線・半蔵門線 『表参道』駅より徒歩8分
入場料 : 一般 ¥650(¥550)/小学生 ¥300(¥200)
公式サイト: http://www.taro-okamoto.or.jp/

情報提供元:@Press
記事名:「岡本太郎記念館(東京・南青山)企画展『日本の原影』2019/10/30(水)~2020/2/24(月祝)開催!