FileWave


コンソール画面

FileWave(以下、FileWave、本社:アメリカ インディアナポリス、CEO:Nurdan Eris)は、2019年10月9日付けで、Windows、macOS、iOS、Android、Chromebookを一元管理するUEM(統合エンドポイント管理)ソリューションであるFileWaveを日本市場向けに販売開始しました。日本における販売・サポート窓口は、株式会社アイ・ビー・シー(以下、IBC、本社:東京都、代表取締役:田北 幸治)が担当します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/195257/LL_img_195257_1.png
FileWave

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/195257/img_195257_2.png
コンソール画面

FileWaveは、WindowsやmacOS、iOS、Android、Chromebookといったエンドポイントデバイスを遠隔地より、一つのコンソールで一元管理するUEMソリューションです。豊富な機能にもかかわらず、圧倒的低価格で、お客様のニーズに合わせた製品を提供します。デバイス管理の基本機能である資産管理、位置情報トラッキング、ロックやワイプ、アプリ管理、ファイル管理はもちろん、スマートポリシーや動的構成プロファイル、LDAP連携といった高度な機能を提供します。FileWaveは、オンプレミス版または、クラウド版で提供されます。高度な機能を持ちながら、オンプレミス版の場合は、MDM(iOS、 Android、 Chromebook)向けは、年額最大1,800円、PC(Windows、macOS)向けは、年額最大3,600円という圧倒的な低価格でご提供致します。
初期費用はなく、最低購入単位も1ライセンスからとなっております。


■FileWaveの主な機能は以下のとおりです。
・資産管理(ハードウェア、ソフトウェア、周辺機器、位置情報)
・アプリ管理(アプリ配布、削除)
・ファイル管理(ファイル配布、削除)
・パッチ管理
・デバイスロック、データ削除
・遠隔操作
・利用制限
・イメージング
・LDAP連携
・スマートポリシー
・動的構成プロファイル
・Apple DEP、VPP、ABM/ASM対応
・周辺機器検出(プリンター、ルーターなど周辺機を管理)


■FileWaveの特長
・マルチデバイス対応
macOSに関して、Windows同等以上の機能を提供。

・スマートポリシー
デバイスの状態に応じて、自動的に構成プロファイルやスクリプトを配布。
例) 会社のWi-Fiに繋いだら、カメラを無効化する など

・動的構成プロファイル
構成プロファイルに変数を設定可能。
例) メールアドレスの設定時、1つの構成プロファイルの配布で可能。

・LDAP連携
Active DirectoryやOpen Directoryと連携し、エンロール時の認証やユーザー情報の取り込みを自動化。

・周辺機器検出
PCやモバイルデバイスに加え、プリンターやルーターなどMACアドレスを持つデバイスは全て管理可能。


■価格(年額)
- オンプレミス版
・MDM(iOS、Android、Chromebook)
一般企業向け 1年:1,800円、3年:4,800円
教育機関向け 1年: 800円、3年:2,100円
公共機関向け 1年:1,200円、3年:3,200円

・PC管理(Windows、macOS)
一般企業向け 1年:3,600円、3年:9,600円
教育機関向け 1年:1,600円、3年:4,200円
公共機関向け 1年:2,400円、3年:6,400円

※消費税は含まれておりません。
初期費用はございません。
最低ご購入単位は、1ライセンスです。

- クラウド版
上記に加え、台数に依らず年額400,000円(消費税別)かかります。


■FileWaveに関する詳しい情報はこちらをご覧ください。
http://www.ibc-jp.jp/filewave/


■FileWaveついて
Miradoreは、1992年に設立されて以来、エンドポイントデバイスの管理に特化したソリューションを提供しております。
https://www.filewave.com/


■IBCについて
IBCは、世界中で注目されているPCやスマートデバイス向けの管理、セキュリティソリューションを日本向けに販売、サポートしております。
http://www.ibc-jp.jp


【将来の見通しについて】
本プレスリリースには、将来の見通しに関してリスクおよび不確実性を伴う記述が含まれています。これらの将来見通しは、特に当社のサービスや製品のパフォーマンス、機能性、出荷状況や、歴史的な事実ではない本プレスリリースに含まれる他の見通し、意図、計画に影響されます。本プレスリリースのなかで使用されている計画や期待などの用語や類似した表現は一般に将来の見通しを表しており、当社の現在の期待を反映しています。これらは、技術や一般的な市場の状況変化などの外的影響を受けやすく、多くのリスクおよび不確実性を含んでいます。当社は本プレスリリースに含まれる将来見通しに関する記述を保証するものではありません。


(C)2019 株式会社アイ・ビー・シー 無断複写・転載を禁じます。
FileWaveは、FileWaveの登録商標です。
株式会社アイ・ビー・シーは日本におけるFileWaveの販売代理店です。

情報提供元:@Press
記事名:「最強のUEM(統合エンドポイント管理)製品FileWaveが日本上陸 - 高機能MDM年額最大1,800円、PC管理が年額最大3,600円 -