動画画像1


動画画像2


動画画像3

Axis Log Projectは、トラックドライバーのPR動画を制作してYouTube上にアップする活動を2019年4月15日(月)より始動いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181713/LL_img_181713_1.jpg
動画画像1

Axis Log Project 制作動画
https://youtu.be/e-SWu2ECyqA


本プロジェクトは、Twitterで人気を博している現役配車係の「とらとらとら」さんの呼びかけにより、現役ドライバーで映像制作会社「KeMu(ケーム)※」の専務を務める平松廣也氏が動画を制作しました。
※正式表記:eの上に横並び2つ点

動画の素材は、全国のトラックドライバーから提供を受けたもので、プロモーションビデオのような映像作品に仕上がっています。
プロジェクト名の「Axis」は軸、「Log」は物流をあらわしており、“運送業は産業の軸!”ということを全面に押し出しました。

本プロジェクトは、
(1)運送業への就労希望者、特に若年層の取り込み
(2)運送業の実態周知(高速道路のSA・PAで駐車スペースがない、労働時間が長い、顧客との作業分担の線引きが曖昧など)
(3)トラックドライバーという職業の大切さの周知
を目指しています。

トラックドライバーの高齢化や人手不足、長時間労働など多くの課題を抱える運送業界において、少しでも課題の解決につながればとの思いで発足させた企画で、トラックドライバー総合情報サイト「ブルル」( https://www.bruru.jp )を手がける物流企画サポート株式会社(東京都千代田区)も、本プロジェクトを応援しています。
なお、本プロジェクトは一般社団法人日本SCM協会から後援認定を取得しています。


■企画者:「とらとらとら」さん
事務員として運送会社に入社し、育休明けに配車係に転換。「最初は、ドライバーさんの辛さや大変さもわからず、頭ごなしに指示を出していた」と振り返ります。「ベテラン配車係に『ドライバーもお客様』と教えられ、どうすればドライバーさんが働きやすい業界になるのかと考えるようになりました」。今ではTwitterでの発言がドライバーの共感を呼び、「ブルル」で執筆しているコラムがグーグル検索の急上昇にピックアップされたこともあります。「トラックドライバーさんの仕事はとても誇れること。それをたくさんの人に伝えたい」とコメントを寄せています。
Twitter:@TORA_doru


■映像担当:有限会社和興 ドライバー兼KeMu専務/映像プロデューサー 平松廣也さん
現役ドライバーでありながら、映像制作会社でクリエイターとしても活躍されています。動画クリエイターのコミュニティ「TranSe Salon(トランスサロン)」に所属されており、「全国のクリエイターとのネットワークがあり、次回は、撮影会も開催したい」と意気込まれています。


トラックドライバー総合情報サイト「ブルル」では、動画公開記念キャンペーンを展開中です。
詳細はサイトまで: https://www.bruru.jp

情報提供元:@Press
記事名:「トラックドライバーのPR動画をYouTubeでアップ!新プロジェクト「Axis Log Project」始動 “トラックドライバーはかっこいい!胸を張れる職業”