福岡市 高島 宗一郎市長(左)とニッポンタブレット代表取締役 武田 知之

日本の地域活性化に貢献すべく、各地の自治体に外国人へのおもてなしや地域の防犯・防災に役立つタブレット端末を無償で提供する取り組みを行うNIPPON Tablet株式会社(東京本社:東京都品川区、代表取締役社長:武田 知之、以下 ニッポンタブレット)は、福岡市(市長:高島 宗一郎)主催の「福岡市実証実験フルサポート事業」の「キャッシュレス」に関する実証実験プロジェクトの事業者として採択されましたので、お知らせします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/158775/LL_img_158775_1.jpg
福岡市 高島 宗一郎市長(左)とニッポンタブレット代表取締役 武田 知之

■採択された8社のうち、プラットフォーム事業者はニッポンタブレットのみ
福岡市では、「キャッシュレスFUKUOKA」を合言葉に、市と民間企業が一体となってキャッシュレス化に取り組み、市民や観光客にキャッシュレスの便利さを体感してもらう機会を増やすことによって、キャッシュレス化の促進と民間企業の参入加速を図るプロジェクトを行っています。
今回の「実証実験フルサポート事業」は、このプロジェクトの一環として行われるもので、AIやIoT等の先端技術を活用して社会課題の解決を図る実証実験を行う事業者を全国から募集、福岡市が各実証実験をサポートする取り組みです。事業には全国から多数の応募があり、審査の結果、ニッポンタブレットをはじめ全8社が採択されました。採択された他7社は、LINE Payや楽天ペイ等の決済サービスを提供する事業者で、プラットフォームを提供する事業者として採択されたのは、ニッポンタブレットのみです。

ニッポンタブレットでは、6月中にも実証実験を開始、福岡市内の屋台やタクシー、商業施設や商店街等でタブレットを使った決済サービスを提供していく予定で、福岡市におけるキャッシュレス化のさらなる進展と経済活性化、そして国際観光都市としての福岡市の魅力向上に貢献してまいります。


■NIPPON Tablet株式会社について
本社 : 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-14-5-3F
TEL : 03-6328-2627
ホームページ: https://nippon-tablet.co.jp/
代表 : 代表取締役社長 武田 知之
設立 : 2016年11月
資本金 : 14,000,000円
事業内容 : 店舗販促となる専用タブレット端末の製造、販売および
各種サービスの提供事業
顧問他 : 高木 純(グループ創業者)
橋田 浩一(PLR*1技術顧問)
(東京大学大学院 情報理工学系研究科
ソーシャルICT研究センター教授)
*1 自律分散型の集めないビッグデータを実現するための技術。
PDS(Personal Data Store)の一種で
個人生活録(PLR:Personal Life Repository)のこと。
山元 浩平(AI技術顧問)
(人工知能技術研究者 Corpy & Co., Inc.創業者)

情報提供元:@Press
記事名:「福岡市主催「実証実験フルサポート事業・キャッシュレスプロジェクト」、ニッポンタブレットがプラットフォーム事業者として唯一の採択企業に