ビール醸造風景 1


ビール醸造風景 2


携わっているブルワー達

いわて蔵ビール(運営:世嬉の一酒造株式会社、所在地:岩手県一関市)を中心に東北のクラフトビールメーカー8社、キリンビール 仙台工場、スプリングバレーブルワリーが協力して技術交流を図り、新しいビール作りを目指す「東北魂ビールプロジェクト」は、第8回東北魂ビールプロジェクトとして、参加する8社が同レシピでビールを醸造し、科学的に分析することで技術向上を図ります。
完成したビールはスプリングバレーブルワリー東京など全国のビアパブで提供され、3月7日(水)にはスプリングバレーブルワリー東京にてプレス発表およびお客様向けの試飲会を行います。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149348/LL_img_149348_1.jpg
ビール醸造風景 1

東北魂ビールプロジェクト: https://www.facebook.com/tohokubeerproject/


1. 東北魂ビールプロジェクトとは
東北魂ビールプロジェクトとは、2011年11月にスタートしたプロジェクトです。震災時に多くのお客様からご支援、応援をいただきました。私たちはそれに対し、品質を向上し美味しいビールをお返しすることですることを考えました。そこで、普段ライバル同士である東北のブルワーが集まり、お互いの技術を出し合い、ビール醸造を行っています。当初3社(岩手 いわて蔵ビール、秋田 秋田あくらビール、福島 みちのく福島路ビール)で開催しましたが、年々参加者が増加し、現在8社のブルワリーが協力しています。また、2017年11月からはキリンビール 仙台工場、スプリングバレーブルワリーも参加しました。


2. 第8回の東北魂ビールプロジェクトの内容
通常東北魂ビールプロジェクトは、1カ所東北のブルワリーに集まり、テーマを決め技術を出し合い、ディスカッションしビール醸造を行います。今回は、参加する8社で同じレシピのビールを醸造します。そのビールをキリンビール社で科学的に分析することで、技術向上を図ります。また、完成したビールはスプリングバレーブルワリー東京など全国のビアパブで提供されます。

【参加ブルワリー】
いわて蔵ビール(岩手)、秋田あくらビール(秋田)、みちのく福島路ビール(福島)、仙南シンケンファクトリー(宮城)、遠野麦酒・ズモナビール(岩手)、やくらいビール(宮城)、田沢湖ビール(秋田)、スプリングバレーブルワリー(東京)

【醸造するビールについて】
東北魂的IPA、ホップを大量に使用し、華やかな香りのするビールです。東北産ホップ「IBUKI」も一部使用しています。今回、同じレシピのビールを8社のブルワーがそれぞれの設備で醸造することで、ブルワリーの特徴や製法のこだわりを体感していただけます。


3. プレス発表および試飲会について
【プレス発表】
日時:3月7日(水) 15時~16時
場所:スプリングバレーブルワリー東京(渋谷区代官山町)
( http://www.springvalleybrewery.jp/tokyo/ )
内容:・東北魂ビールプロジェクトについて
・今回のビール「東北魂的IPA」について

【お客様イベント】
日時:3月7日(水)19時~22時
場所:スプリングバレーブルワリー東京(渋谷区代官山町)
( http://www.springvalleybrewery.jp/tokyo/ )
内容:・8種の「東北魂的IPA」の試飲および解説
・ブルワーとのトークセッション など
人数:先着100名様限定
価格:5,000円(フード、東北魂的IPA各種ビール各種込)
予約:電話 03-6416-4960
※「東北魂プロジェクトイベント参加希望」をお電話でお伝えください。
WEB https://www.tablecheck.com/shops/springvalleybrewery-tokyo/reserve
※「東北魂プロジェクトイベント参加希望」を、要望欄にご記入ください。


■会社概要
社名 : 世嬉の一酒造株式会社
代表者 : 代表取締役社長 佐藤 航
所在地 : 〒021-0885 岩手県一関市田村町5-42
設立 : 1918年5月
資本金 : 8,800万円
業務内容: 酒・ビール醸造
URL : http://www.sekinoichi.co.jp/

1918年(大正7年)創業。南部杜氏の伝統的な清酒「世嬉の一(せきのいち)」を醸造。1996年にいわて蔵ビールブランドを立ち上げ、ビール醸造に進出。常に新しいスタイルのビール醸造にチャレンジし、2016年には日本スタイルのビールとして山椒を使用したビール「ジャパニーズハーブエール山椒」が「世界に伝えたい日本のクラフトビール」でグランプリ受賞。また、三陸の牡蠣を使用した黒ビール「三陸広田湾産牡蠣のスタウト」はワールド・ビア・カップで受賞など、数々のビールが世界で評価されています。マイクロブルワリーですが、現在、アメリカ、イギリス、シンガポール、台湾、韓国などにも輸出しています。

情報提供元:@Press
記事名:「震災復興を願うビールメーカーによる東北魂ビールプロジェクト、3月7日(水)スプリングバレーブルワリー東京で発表会・試飲会開催