優勝したアウトソーシングテクノロジーチーム


コミュニケーションロボットTapia

株式会社アウトソーシングテクノロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:茂手木 雅樹、以下 アウトソーシングテクノロジー)は、2017年7月17日(月)に行われた第1回「タピアアイデアソン」にて優勝いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/135284/LL_img_135284_1.jpg
優勝したアウトソーシングテクノロジーチーム


「タピアアイデアソン」は、コミュニケーションロボット「Tapia(タピア)とTapia mini(タピアミニ)」の、初のアイデアソンです。

“タピアアイデアソンvol.1「2020年の暮らしと学校を考える」
家庭と学校の2つの舞台から選択。
タピアとタピアミニを活用したソリューションを考える。
IoTプラットフォーム「myThings」の活用を前提とする。”
(株式会社MJI公式サイトより引用)

というテーマのもと、全8チームがアイデアを出しプレゼンテーションにて競い合いました。下記の記事内では、アウトソーシングテクノロジーがどのようなアイデアで最優秀賞(優勝)を得ることができたのかを詳しくご紹介させていただいております。ぜひご一読ください。


■タピアアイデアソンで優勝!
ロボティクスサイト: https://goo.gl/3uyXWy


【このプレスリリースへのお問い合わせ】
株式会社アウトソーシングテクノロジー ロボティクス事業課
TEL:03-3273-3700(平日 9:00~18:00)
メールでのお問い合わせは下記よりお願いいたします。
https://www.ostechnology.co.jp/inquiry/

情報提供元:@Press
記事名:「第1回「タピアアイデアソン」でアウトソーシングテクノロジーチームが優勝しました