「そろばん将棋大会」


話題の世界初外国人プロ女流棋士も参加!


「ジャパンカップ計算大会」


お箸でそろばん珠をつかむゲームは参加者に大人気!

一般財団法人全国珠算連盟が運営する、白井そろばん博物館(所在地:千葉県白井市、全国珠算連盟 理事長/白井そろばん博物館 館長:石戸 謙一)は、イベント「ワールドそろばんフェスタ2017」を2017年8月6日(日)に千葉県白井市(白井コミュニティセンター及び白井そろばん博物館周辺)にて開催いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/133376/LL_img_133376_1.jpg
「そろばん将棋大会」


▼ワールドそろばんフェスタ2017
http://worldsorobanfiesta2017.weebly.com/


■開催概要
イベント内容詳細、参加申し込みページ
http://worldsorobanfiesta2017.weebly.com/

■「ワールドそろばんフェスタ2017」開催の背景
ワールドそろばんフェスタ2017は、そろばんをテーマに日本の教育文化の振興と千葉県のふるさと意識の高揚を総合的な活動により高め、千葉県の活性化に寄与することを目的としています。

■開催概要
開催日 : 2017年8月6日(日)10:00~16:00
場所 : 千葉県白井市(白井コミュニティセンター及び白井そろばん博物館周辺)
料金 : 世界はしそろぴっく選手権大会、ジャパンカップ計算選手権大会、
世界そろばん将棋選手権大会等 無料(一部有料)
申込方法: 下記ホームページより受付中
http://worldsorobanfiesta2017.weebly.com/

白井そろばん博物館URL: https://www.soroban-muse.com/

イベント当日は、計算に秀でた人々が様々な地域から集結し、各種目(数独・ナンプレ、カレンダー計算等)で競い合う「ジャパンカップ計算選手権大会」や、そろばん珠をお箸でつかみ運ぶゲーム「世界はしそろぴっく選手権大会」が開催されます。
また、いま話題の“そろばん将棋大会”も開催!ホワイトレディースマッチ世界女流棋士対局では、頼本奈菜棋士VSカロリーナ・ステチェンスカ棋士(ポーランド出身)そして、伊藤明日香棋士解説の元、熱き戦いが繰り広げられる等のコンテンツが盛りだくさんです。
「そろ判(そろばん)」と名付けられた金色の小判形の限定通貨でお買い物もでき、子どもから大人まで老若男女問わず、家族で楽しめるイベントです。

■白井そろばん博物館 概要
白井そろばん博物館は、一般財団法人全国珠算連盟が運営する日本で唯一の常設そろばん博物館です。そろばんの振興と日本全国、世界各国へそろばん教育を発展させるために様々な活動を行っています。

代表者 :白井そろばん博物館 館長(一般財団法人全国珠算連盟 理事長) 石戸 謙一
所在地 :〒270-1422 千葉県白井市復1459-12
設立 :2011年5月22日
博物館ご案内:この博物館では、日本に伝わってから460有余年の歴史があり、現代においても有用性を保持している「そろばん」を、生活や教育文化等の各方面から考察研究すること、また地域活性化の一環として街づくりのコミュニティーとしても貢献することを目的として展示および活動しています。

■本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先
白井そろばん博物館(一般財団法人全国珠算連盟)
TEL: 047-492-8890
URL: https://www.soroban-muse.com/
お問い合わせフォームもございます。

情報提供元:@Press
記事名:「そろばんで町おこし!「ワールドそろばんフェスタ2017」8月6日(日)開催~世界とつながる“白井の街”~